本楯駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本楯駅
本楯駅.jpg
駅舎
もとたて
Mototate
*酒田 (6.4 km)
(2.6 km) 南鳥海
所在地 山形県酒田市本楯字通伝8
北緯38度58分6.8秒 東経139度52分56.4秒 / 北緯38.968556度 東経139.882333度 / 38.968556; 139.882333座標: 北緯38度58分6.8秒 東経139度52分56.4秒 / 北緯38.968556度 東経139.882333度 / 38.968556; 139.882333
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 173.3 km(新津起点)
電報略号 モタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
44人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1919年大正8年)12月5日[1]
備考 無人駅
* この間に新潟支社秋田支社境界あり(当駅から南鳥海寄りは秋田支社管内)
テンプレートを表示
本楯駅ホーム、跨線橋(2020年3月)

本楯駅(もとたてえき)は、山形県酒田市本楯字通伝(つうでん)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

羽越本線は隣の酒田駅を境に、管轄が新潟支社秋田支社とに分かれており、酒田駅は新潟支社の管轄であるため、当駅は秋田支社管轄の羽越本線最南端となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

羽後本荘駅管理の無人駅2014年3月31日までは酒田市が受託する簡易委託駅で、窓口では常備券を取り扱っていた。駅舎にはかつて使われていた事務室と閉鎖された出札窓口がある。2006年、改築の際にトイレは撤去され、設置していない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 羽越本線 上り 酒田方面
2 下り 秋田方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

JR東日本によると、2000年度(平成12年度)- 2012年度(平成24年度)の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりであった。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 68 [利用客数 1]
2001年(平成13年) 61 [利用客数 2]
2002年(平成14年) 51 [利用客数 3]
2003年(平成15年) 51 [利用客数 4]
2004年(平成16年) 56 [利用客数 5]
2005年(平成17年) 52 [利用客数 6]
2006年(平成18年) 43 [利用客数 7]
2007年(平成19年) 42 [利用客数 8]
2008年(平成20年) 45 [利用客数 9]
2009年(平成21年) 42 [利用客数 10]
2010年(平成22年) 30 [利用客数 11]
2011年(平成23年) 39 [利用客数 12]
2012年(平成24年) 44 [利用客数 13]

駅周辺[編集]

  • JA庄内みどり酒田きた支店
  • 本楯郵便局
  • 山形県道206号本楯停車場線

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線
酒田駅 - 本楯駅 - 南鳥海駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、563頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  2. ^ “日本国有鉄道公示第89号”. 官報. (1981年10月14日) 
  3. ^ “「通報」●羽越本線本楯駅ほか5駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 4. (1981年10月14日) 
  4. ^ “カプセル駅舎はいかが・・・ 利用者の評判も上々 完成まで一週間 海上コンテナ改良”. 交通新聞 (交通協力会): p. 2. (1982年12月11日) 

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]