子吉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
子吉駅
Koyoshi station.jpg
駅舎(2012年8月)
こよし
KOYOSHI
薬師堂 (2.3 km)
(2.9 km) 鮎川
所在地 秋田県由利本荘市玉ノ池落シ14-8
北緯39度21分2.49秒 東経140度3分35.26秒 / 北緯39.3506917度 東経140.0597944度 / 39.3506917; 140.0597944座標: 北緯39度21分2.49秒 東経140度3分35.26秒 / 北緯39.3506917度 東経140.0597944度 / 39.3506917; 140.0597944
所属事業者 由利高原鉄道
所属路線 鳥海山ろく線
キロ程 4.5 km(羽後本荘起点)
電報略号 コヨ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
23人/日
-2018年-
開業年月日 1922年大正11年)8月1日[1]
テンプレートを表示
旧駅舎

子吉駅(こよしえき)は、秋田県由利本荘市玉ノ池にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線である。玉ノ池簡易郵便局を併設している[2]無人駅である。

歴史[編集]

SL時代[編集]

子吉駅 - 鮎川駅間は、鮎川・羽後本荘方面に向かって上り坂となっている。馬力の低い蒸気機関車が走っていた頃はこの坂が難所となっており、しばしば坂を上りきれず、いったん鮎川方面にバックしたあと、再び勾配に挑む姿が見られた。

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地上駅。2011年に建設された新駅舎は玉ノ池簡易郵便局が引き続き入居することを考慮して建設された[2]。出札・改札業務は行っていない。駅舎の中に郵便局が存在する珍しい駅である。簡易郵便局は、従来の受託者の高齢化等を理由に、2016年1月4日から一時閉鎖されていた[11]が、2017年7月24日から再開した[12]

利用状況[編集]

1日乗降人員推移 [13][14]
年度 1日平均人数
2011年 22
2012年 17
2013年 10
2014年 17
2015年 13
2016年 16
2017年 16
2018年 23

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

由利高原鉄道
鳥海山ろく線
薬師堂駅 - 子吉駅 - 鮎川駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、568頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ a b c d 「由利高原鉄道 改築の子吉駅、内装に秋田杉使い完成 住民ら参加し式典」『秋田魁新報』秋田魁新報社、2011年12月23日、朝刊、24面。
  3. ^ 「地方鉄道駅名改称並哩程変更」『官報』1926年11月20日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ “貨物取り扱いやめる 薬師堂、子吉、羽後川辺の三駅 きょうから” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p7. (1961年6月20日 朝刊)
  5. ^ “業務委託駅に 子吉駅など五つ 秋鉄 来年四月から実施” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p5. (1964年10月17日 夕刊)
  6. ^ 「日本国有鉄道公示第401号」『官報』、1971年10月1日。
  7. ^ “陳情攻勢で“無人化”が後退 秋鉄局 日中だけ駅員配置 ただし本年度いっぱい” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p12. (1971年9月29日 朝刊)
  8. ^ 「通報 ●鯉川駅ほか29駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報日本国有鉄道総裁室文書課、1971年10月1日、11面。
  9. ^ 「営業体制近代化」『交通新聞』交通協力会、1971年10月5日、1面。
  10. ^ “無人駅 矢島線”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p.3 (1975年12月24日 夕刊)
  11. ^ 一時閉鎖:玉ノ池簡易郵便局(秋田県)”. 日本郵便 (2015年12月28日). 2016年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月6日閲覧。
  12. ^ 再開:玉ノ池簡易郵便局(秋田県)”. 日本郵便 (2017年6月9日). 2020年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月30日閲覧。
  13. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ)2011-2015年 - 国土交通省、
  14. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2020年9月12日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 子吉駅(各駅情報) - 由利高原鉄道