ほっとゆだ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほっとゆだ駅*
JR Hottoyuda sta 001.jpg
駅舎(2011年11月)
ほっとゆだ
Hotto-Yuda
ゆだ錦秋湖 (6.4 km)
(3.9 km) ゆだ高原
所在地 岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割53
北緯39度18分52.48秒 東経140度46分32.72秒 / 北緯39.3145778度 東経140.7757556度 / 39.3145778; 140.7757556
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 北上線
キロ程 35.2 km(北上起点)
電報略号 ホユ
ワリ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
76人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1922年大正11年)12月16日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 1991年に陸中川尻駅から改称[1]
テンプレートを表示

ほっとゆだ駅(ほっとゆだえき)は、岩手県和賀郡西和賀町川尻にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)北上線である。

入浴施設であるほっとゆだを併設している。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ列車交換可能な地上駅である。互いのホームは構内踏切で連絡している。

北上駅が管理し、JR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅。駅舎にはみどりの窓口(営業時間:8時00分 - 15時00分・途中で営業を休止する時間帯あり)、乗車駅証明書発券機、売店(JR東日本東北総合サービス)がある。

現在の駅舎は1989年に建設された木造2階建てのもので、総工費は1億2千万円[3]。うち、当時の駅の所在地であった湯田町が3分の2を負担し、残りをJR東日本が負担して建設されている[3]。元は国鉄の所有地を当時の湯田町が譲り受け、温泉を掘ったことで町おこしを兼ねて温泉付き駅舎となった[3]

駅舎は「全国的にも珍しい温泉付き駅舎」として、東北の駅百選に選定された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 北上線 下り 横手方面[5]  
上り 北上方面[5] 当駅始発
2  
  • 3番線に当たるホームは柵が施されており、客扱いはない。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は76人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 201 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 188 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 166 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 184 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 191 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 193 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 194 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 204 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 191 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 200 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 186 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 181 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 173 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 152 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 129 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 109 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 105 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 98 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 120 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 111 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 89 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 76 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅前

西和賀町役場の最寄り駅となっている。

ほっとゆだ[編集]

Hot springs 001.svg ほっとゆだ
温泉情報
所在地 岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割53
座標 北緯39度18分52.48秒 東経140度46分32.72秒 / 北緯39.3145778度 東経140.7757556度 / 39.3145778; 140.7757556座標: 北緯39度18分52.48秒 東経140度46分32.72秒 / 北緯39.3145778度 東経140.7757556度 / 39.3145778; 140.7757556
泉質 ナトリウムカルシウム-硫酸塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
テンプレートを表示

利用できる時間は7時から21時までとなっている。なお入場は閉館時間の30分前までである。12月31日1月1日2日は、利用できる時間が短縮される。

休館日は毎月第2水曜日(ただし、当日が休日[6]の場合は翌日に。また、8月については変更あり)となっている。

利用料金
  • 入浴料:大人440円(西和賀町居住で65歳以上は350円)、子供(小・中学生)260円(回数券定期券あり)[7]
  • 貸切風呂(16:00頃まで利用可):1600円
効能など
浴槽の位置
  • 西側から、ぬるめ、あつめ、子供および寝湯。
備考
  • 浴場の壁には列車の接近を知らせる信号機が設置されていて、上下線関係なく表示される。これは発車時間が45分前になると「青」、30分前になると「黄」、15分前になると「赤」を点灯。まれに両方向から来る場合は「青」「黄」など2色同時に点灯することもある。

バス路線[編集]

「ほっとゆだ駅」停留所にて、以下の路線バスが発着する。

  • 西和賀町民バス[8]
    • 貝沢線:貝沢
    • 沢内線:沢内庁舎前
    • 湯田おでかけバス:湯田庁舎・湯本地区方面 / さわうち病院方面
    • 沢内おでかけバス:沢内庁舎・湯田庁舎・さわうち病院・湯本地区方面
    • 山伏線[8]東日本交通):盛岡バスセンター

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
北上線
快速・普通
ゆだ錦秋湖駅 - ほっとゆだ駅 - ゆだ高原駅

その他[編集]

北上線に特急・急行列車が運行されていた時期は、線内の駅で唯一、特急・急行列車の停車駅となっていた。1996年から翌年までの秋田新幹線工事に伴う約1年間のみの一時的な運行であった特急「秋田リレー」も一部の列車が停車していた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月6日、23頁。 
  2. ^ a b 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、489頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ a b c d e “列車待ちにひと風呂いかが JR北上線陸中川尻駅”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1989年4月11日) 
  4. ^ RailMagazine通巻139号(1995年4月号)P130
  5. ^ a b 駅構内図(ほっとゆだ駅)”. 東日本旅客鉄道. 2020年3月13日閲覧。
  6. ^ 祝日法による休日
  7. ^ 2019年現在、11月23日公式閲覧
  8. ^ a b 町民バスの運行について(2022年4月1日改正)”. 西和賀町 (2022年3月29日). 2022年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月16日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月13日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月17日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月7日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月16日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]