陸前白沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陸前白沢駅
駅舎(2010年5月)
駅舎(2010年5月)
りくぜんしらさわ - Rikuzen-Shirasawa
愛子 (5.4km)
(3.1km) 熊ヶ根
所在地 仙台市青葉区上愛子字大道123
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 仙山線
キロ程 20.6km(仙台起点)
電報略号 リシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
55人/日(降車客含まず)
-2007年-
開業年月日 1931年昭和6年)8月30日
備考 無人駅(自動券売機 有)
仙 仙台市内

陸前白沢駅(りくぜんしらさわえき)は、宮城県仙台市青葉区上愛子字大道にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙山線である。

駅構造[編集]

駅構内(2015年1月)。左が1番線。

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。互いのホームは構内踏切で連絡している。スロープがあり、車椅子などが使用できるが、列車とホーム間に段差ができる。

愛子駅管理の無人駅。線路の北に簡易駅舎があり、その中に簡易自動券売機が設置されている。当駅はSuicaの取り扱いに対応しておらず、簡易Suica改札機などの設置は無い。

JRの特定都区市内制度における「仙台市内」の駅である。

のりば[編集]

1 仙山線 (上り) 愛子仙台方面
(下り) 作並山寺山形方面
2 仙山線 (下り) 作並・山寺・山形方面(列車交換時のみ)
  • 1・2番線とも仙台方・羽前千歳方に場内・出発信号機が備えられている。
  • 運用の関係で愛子から陸前白沢まで回送し、陸前白沢駅の2番線で待機した後、再び愛子まで回送する運用の列車がある。

利用状況[編集]

2007年度の一日平均乗車人員は55人であった。1960年代後半から1970年代前半に減少し、1970年代後半から1983年度までは約300人で横ばいになった。それからまた落ちこんで、1985年に112人になった。仙台市立広瀬中学校の生徒の通学で当駅から愛子駅の区間の利用もある。

乗車人員等推移[1]
年度 一日平均乗車人員 貨物発 貨物着
1957 409 1.2t 3.9t
1958 414 1.8t 3.3t
1959 425 1.2t 2.9t
1960 447 0.8t 1.6t
1961 467 - 0.1t
1962 476 - 0.1t
1963 573 2.2t 1.8t
1964 585 2.2t 4.0t
1965 646 29t 5t
1970 394 72t 11t
1975 360 28t 11t
1977 339 32t 9t
1978 309 32t 8t
1979 281 19t 6t
1980 282 23t 4t
1981 262
1982 251
1983 295
1984 219
1985 112
1986 98
1999 117
2000 96
2001 86
2002 79
2003 78
2004 81
2005 72
2006 65
2007 55

駅周辺[編集]

広瀬川南岸の河岸段丘上、上愛子地区の西部に位置する。北に、線路に平行して国道48号が走り、駅前からはごく短い宮城県道219号白沢停車場線で通じる。48号はこの箇所で国道457号と重複している。

バス路線[編集]

国道48号に仙台市営バス白沢駅前バス停がある。

  • [840]作並温泉方面、[843]熊ヶ根関、[844][845][846]定義、[84]上の原、[86]野尻町北、[63][65]八ツ森
  • [S840][S844][S845]仙台駅

仙台市交通局白沢出張所JRバス東北白沢事業所)は当駅より東へ約1km。

歴史[編集]

2015年の運行表

1960年代までは、周辺住民だけでなく、南に山一つこえた秋保町の人々、北の大倉地区の定義如来に行く参拝者も利用した[2]。駅周辺に守屋木材の工場があり、木材や岩沼駅までのチップの輸送もあった。自動車が広まると駅の利用圏が狭まり、利用が落ち込んだ。同様に乗客が減少した仙山線の中でも、東隣の愛子駅より東は、仙台市の膨張をうけて1980年代以降都市近郊駅として持ち直した。しかし陸前白沢駅から西は落ち込んだままである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
仙山線
快速(A快速・B快速・C快速
通過
普通
愛子駅 - 陸前白沢駅 - 熊ヶ根駅

脚注[編集]

  1. ^ 1957年から1964年までは『宮城町誌』本編695頁。1965年から1986年までは『宮城町誌』続編451頁。
  2. ^ 『宮城町誌』本編694頁、続編444頁。

参考文献[編集]

  • 宮城町誌編纂委員会『宮城町誌』本編、宮城町役場、1969年。
  • 宮城町誌改訂編さん委員会『宮城町誌』続編、仙台市役所、1989年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]