ウッドチップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウッドチップ

ウッドチップ(ウッドチップス、: Woodchips)は、木材を破砕した製造物。

概要[編集]

バークチップス

製造法には切削、クラッシャー、パンチングなどの製法がある。細かいチップだけでなく、用途によっては、細長い木くずなどを入れることもある。材料になるのは、ヒバヒノキ広葉樹などであり、ガーデニング資材、ドッグラン、製紙材料、バイオマス燃料、燻蒸などに用いられる。木材加工の際の端材や剪定くずのリサイクル利用のほか、小径木や間伐材をバージン材として利用する場合もある[1]。なお、C/N比が高く植物の窒素飢餓を招くため、マルチング材として利用することで雑草の発育抑制には効果があるが、肥料土壌改良材には向かない(詳細は堆肥化を参照のこと)。樹皮(バーク)からガーデニング資材、マルチング材として製造される物は、バークチップス(Bark chips)または、バークマルチとも呼ばれる。

出典[編集]

  1. ^ ウッドチップの知識島田小割製材所ホームページ]

関連項目[編集]