塩分濃度差発電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩分濃度差発電(えんぶんのうどさはつでん)は、塩水淡水間に生じる混合エントロピー変化を電力に変換する発電方式である。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]