海洋エネルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海洋エネルギー(marine energy または ocean energy)とは海洋が持つエネルギー資源である。海流潮汐塩分濃度、海水の温度差による再生可能運動エネルギーを利用した発電方式を海洋発電(marine power または ocean power)と呼ぶ。

再生可能な海洋エネルギー[編集]

海洋エネルギーは一般的に次の6つの分類される。[1]

賦存量(年間発電量)
洋上風力発電 53000TWh
海洋温度差発電(OTEC) 10000TWh
波力発電 8000~80000TWh
塩分濃度差発電 2000TWh
海流発電 >800TWh
潮流・潮汐力発電 >300TWh

枯渇性の海洋エネルギー[編集]

海底にある石油天然ガスなどの枯渇性エネルギー資源を指すこともある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 佐々木千一 (2019/11/10). ターボ機械. 一般社団法人ターボ機械協会. ISSN 0385-8839 

関連項目[編集]