最大需要電力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

最大需要電力(さいだいじゅようでんりょく)とは、電力会社の電気料金算出に使われる電力値。デマンド値とも呼ばれる。

電力会社は契約者の電気使用を計測するため、最大需要電力計(デマンド計)を設置し30分単位における平均使用電力(kW)を算出する。そして、1か月の中で最大の値がその月の最大需要電力(デマンド値)となる。

電気料金の算出[編集]

電気料金は基本料金と使用電力量金の合計になる。基本料金は契約電力×単価だが、契約種別や電力会社により単価は異なる。

高圧受電500kW未満の契約者[編集]

その月と過去11か月の最大需要電力(デマンド値)の中で最も大きい値が契約電力となり、基本料金の計算に使用される。すなわち、1度でも高い最大需要電力(デマンド値)がでると、1年間その契約電力値が適用される。

高圧受電500kW以上の契約者[編集]

電力会社との協議により契約電力が決められ、毎月の基本料金の算出に使用される。最大需要電力が契約電力を超えると、超過電力に基本料金率を乗じた金額を違約金として支払うことになる。また、超過した最大需要電力(デマンド値)をもとに、新たに契約電力変更の協議が行なわれる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]