小川正人 (教育学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 正人(おがわ まさひと、1950年3月1日[1] - )は、日本教育行政学者、東京大学名誉教授、放送大学教授。専攻は教育政策・行政学[2]中央教育審議会委員。

岩手県岩手郡岩手町生まれ。1979年東京大学大学院教育学研究科博士課程教育行政学単位取得退学。1985年九州大学教育学部講師、1988年助教授、1993年東京大学教育学部助教授、1997年同教育学研究科教授、東京大学教育学部附属中学校・高等学校長、2008年東大名誉教授、放送大学教授。1990年「戦後教育財政制度の研究」で九大教育学博士

著書[編集]

  • 『戦後日本教育財政制度の研究』九州大学出版会 1991
  • 『市町村の教育改革が学校を変える 教育委員会制度の可能性』岩波書店 2006
  • 『教育改革のゆくえ 国から地方へ』ちくま新書 2010
  • 『現代の教育改革と教育行政』放送大学教育振興会 2010

編著[編集]

  • 『教育財政の政策と法制度 教育財政入門』編著 エイデル研究所 1996
  • 『地方教育行政の改革と学校管理職』編 教育開発研究所 教職研修総合特集 新・管理職重点課題シリーズ 1998
  • 『地方分権改革と学校・教育委員会』編著 東洋館出版社 1998
  • 『学校の自主・自律実践マニュアル』編 教育開発研究所 教職研修総合特集 管理職選考グレードアップシリーズ 2000
  • 『新・学校運営と教育行政ハンドブック』編 教育開発研究所 教職研修総合特集 新・管理職ハンドブック 2000
  • 『分権改革と教育行政 教育委員会・学校・地域』西尾勝共編著 ぎょうせい 分権型社会を創る 2000
  • 『子どもと歩む市川市の教育改革 地方教育委員会からの挑戦』最首輝夫共編著 ぎょうせい 2001
  • 『合併自治体の教育デザイン 何から始め、どう取り組めばよいか』葉養正明共編著 ぎょうせい 2003
  • 『校長・教頭のための最新教育改革ポイント整理 最新教育改革の重要施策をわかりやすく解説』編 教育開発研究所 教職研修総合特集 管理職教養ミニマム・エッセンシャルズ 2003
  • 『義務教育改革 その争点と地域・学校の取り組み』編 教育開発研究所 教職研修総合特集 2005
  • 『市民と創る教育改革 検証:志木市の教育政策』渡部昭男,金山康博共編 志木教育政策研究会著 日本標準 2006
  • 『教育経営論』新訂 勝野正章共著 放送大学教育振興会 2008
  • 『ガイドブック教育法』姉崎洋一,荒牧重人,金子征史,喜多明人,戸波江二,広沢明,吉岡直子共編 三省堂 2009
  • 『教育行政と学校経営』勝野正章共編著 放送大学教育振興会 2012
  • 『心理と教育を学ぶために』森津太子,山口義枝共編著 放送大学教育振興会 2012

翻訳[編集]

  • レオナード・J.ショッパ『日本の教育政策過程 1970~80年代教育改革の政治システム』監訳 三省堂 2005

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 研究者情報