宮古エフエム放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮古エフエム放送株式会社
miyako fm broadcasting Corporation
愛称 みやこハーバーラジオ
コールサイン JOZZ2BI-FM
周波数/送信出力 82.6 MHz/20 W
本社・所在地
〒027-0076
岩手県宮古市栄町3-35
設立日 2013年3月22日
開局日 2013年8月26日
演奏所 所在地と同じ
送信所 宮古市重茂(月山
中継局 7局
新里(20W)
田老(20W)
千鶏(20W)
新里和井内(10W)
摂待(3W)
堀内(3W)
川代(1W)
放送区域 宮古市
ネット配信 SimulRadio
ListenRadio
公式サイト http://miyakofm.com

宮古エフエム放送株式会社(みやこエフエムほうそう)は、岩手県宮古市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。みやこハーバーラジオの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

前身は東日本大震災による臨時災害放送局みやこさいがいエフエム。みやこさいがいエフエムの臨時災害放送局の免許が2014年3月までであったことから、宮古市における放送局の恒常化を目的として宮古エフエム株式会社が2013年3月27日に設立された。開局に当たっては、宮古市が総務省の補助金1億8300万円を活用し、スタジオや中継局を整備した。

2013年(平成25年)8月26日にみやこさいがいエフエムを引き継ぐ形で周波数82.6MHz、コールサインはJOZZ2BI-FM、愛称はみやこハーバーラジオで開局。開局時点では月山送信所(20W)・茂市中継局(20W)・和井内中継局(10W)の1送信所・2中継局体制であった。

また、開局から2014年3月31日までは、みやこたろうさいがいエフエムで宮古エフエム放送の番組が再送信されていた[1]

沿革[編集]

  • 2013年
    • 3月27日 - 宮古エフエム放送株式会社が設立。
    • 8月26日 - みやこさいがいエフエムを引き継ぐ形で、みやこエフエム放送みやこハーバーラジオ)が開局、放送開始。みやこたろうさいがいエフエムにて番組の再送信を実施。
  • 2014年
    • 3月31日 - みやこたろうさいがいエフエムの廃局に伴い再送信終了。

主な番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮古にコミュニティーFM 8月「災害FM」から移行 復興や生活情報、地域に根ざした放送 毎日新聞 2013年2月23日
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]