エフエムなとり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特定非営利活動法人 エフエムなとり
愛称 なとらじ801
コールサイン JOZZ2BL-FM
周波数/送信出力 80.1 MHz/20 W
本社・所在地
〒981-1224
宮城県名取市増田字柳田385-3
設立日 2012年7月20日
開局日 2015年3月1日
演奏所 名取市増田字柳田385-3
送信所 名取市増田字柳田80(名取市役所)
中継局 なし
名取市がギャップフィラー中継局を2局保有
放送区域 名取市の一部
公式サイト http://www.natori801.jp/

特定非営利活動法人エフエムなとりは、宮城県名取市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 なとらじ801(なとらじはちまるいち)の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

2015年(平成27年)開局。 東日本大震災による臨時災害放送局として開局したなとりさいがいエフエムが前身である[1]

送信所
送信所 空中線電力 設置場所
親局 20W 名取市増田(名取市役所)
ギャップフィラー中継局 相互台局 1W 名取市相互台
愛島局 1W 名取市愛島

放送エリアは名取市の一部[2]

なとりさいがいエフエムの時よりSimulRadioによるインターネット配信をしている。

24時間放送を行っており、防災行政無線自動割込装置(17時の定時チャイム等の防災行政無線のサイマル放送用)も設置されている。

沿革[編集]

2011年(平成23年)

2012年(平成24年)

  • 7月18日 - 特定非営利活動法人エフエムなとり設立の認証
  • 7月20日 - 特定非営利活動法人エフエムなとり設立の登記[2]

2015年(平成27年)

  • 2月28日 - なとりさいがいエフエム廃局[3]、同日に特定非営利活動法人エフエムなとりが特定地上基幹放送局の免許取得[4]
  • 3月1日 - エフエムなとり開局、同日にエフエムなとりとしてSimulRadioに参加
  • 4月22日 - 日本コミュニティ放送協会に加盟[5]
  • 7月31日 - 名取市がギャップフィラー中継局2局の予備免許取得[6]
  • 10月1日 - 名取市がギャップフィラー中継局2局の免許取得[7]

主な番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なとらじ801について エフエムなとり(Internet Archiveのアーカイブ:2014年10月13日収集)
  2. ^ a b 法人概要 エフエムなとり(同上:2015年4月3日収集)
  3. ^ a b 東北管内における臨時災害放送局の開設状況 平成27年4月1日現在 (PDF) 東日本大震災に際し開設された臨時災害放送局の開設状況別表 東北総合通信局国立国会図書館のアーカイブ:2015年4月2日収集)
  4. ^ 取得日は、無線局等情報検索 結果 平成27年3月7日現在(総務省電波利用ホームページ(同上:2015年4月2日収集))による。
  5. ^ 4月22日 新会員社のお知らせ 日本コミュニティ放送協会 新着情報(平成28年4月)
  6. ^ 宮城県名取市のコミュニティ放送局のエリア拡大 - 名取市内2地区の難聴地域を解消 - 東北総合通信局 報道資料 平成27年7月31日(国立国会図書館のアーカイブ:2015年8月2日収集)
  7. ^ 宮城県名取市のコミュニティ放送局のエリア拡大 - 名取市内2地区の難聴地域を解消 - 同上 平成27年10月1日(同上:2015年10月2日収集)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]