エフエムいわぬま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エフエムいわぬま
愛称 ほほえみ
コールサイン JOZZ2AJ-FM
周波数/送信出力 77.9 MHz/20 W
本社・所在地
〒989-2433
宮城県岩沼市三色吉雷神7-1(ハナトピア岩沼)
設立日 1997年平成9年)10月5日
開局日 1998年(平成10年)4月30日
演奏所 所在地と同じ
送信所 宮城県岩沼市桜1丁目6-20
(岩沼市役所庁舎屋上、地図
中継局 なし
放送区域 岩沼市の一部
公式サイト fm779.com

株式会社エフエムいわぬまIwanuma Community FM Station)は、宮城県岩沼市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 ほほえみの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

当社は、資本金5000万円のうち、岩沼市が2550万円 (51%) を出資し第三セクターとして設立された。 以来、岩沼市はマスメディア集中排除原則にいう支配関係にある [1]。 放送内容も岩沼市を対象としている。

演奏所スタジオ)は「ハナトピア岩沼」の園内側に面して位置し、送信所は岩沼市役所庁舎の屋上に設置されている。

地域密着情報や音楽番組を中心に24時間放送する。平日深夜1:00〜早朝5:00の時間帯はミュージックバードを放送をしている。

沿革[編集]

  • 1997年(平成9年)10月5日 株式会社エフエムいわぬま設立。
  • 1998年(平成10年)
    • 4月1日 放送局(現特定地上基幹放送局)の予備免許取得。出力は10W。
    • 4月11日 ハナトピア岩沼開園。総面積4.8ha(4.2haが借地)で、国からの補助金を加えて12億3000万円かけて整備され、第三セクターとして開園した。入園料500円。
    • 4月27日 放送局の免許取得。
    • 4月30日 ハナトピア岩沼施設内に開局。
  • 1999年(平成11年)ハナトピア岩沼は経営破綻、岩沼市直営となった。
  • 2001年(平成13年)4月27日 出力を20Wに増力。
  • 2011年(平成23年)3月20日 岩沼市は13時30分に臨時災害放送局「いわぬまさいがいエフエム」(JOYZ2V-FM) の免許取得。当局の機材・人員を利用し、出力を20Wから100Wに増力して運用。演奏所を送信所がある岩沼市役所庁舎内にも設置。
  • 2012年(平成24年)7月1日 JCBAインターネットサイマルラジオに参加。
  • 2013年(平成25年)4月1日 岩沼駅東口駅舎内にサテライトスタジオが設置される[2]
  • 2014年(平成26年)3月31日 いわぬまさいがいエフエム廃局。

主な番組[編集]

自社制作[編集]

  • モーニングスマイル〈月〜金7:00-8:00〉
  • iスマイル〈月〜金11:00-12:30〉
  • イブニングスマイル〈月〜木17:00-18:00〉岩沼駅東口サテライトスタジオから生放送
  • スマイルジャンクション(金 16:30〜18:30)岩沼駅東口サテライトスタジオから生放送
  • 川柳おたまじゃくし〈日7:00-8:00〉[再]18:00-19:00

ほか

脚注[編集]

  1. ^ コミュニティ放送事業者マスメディア集中排除原則について(総務省電波利用ホームページ)
  2. ^ “岩沼のFM、身近に/駅舎に参加型の新スタジオ”. 河北新聞 (河北新報社). (2013年4月7日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]