キャンプ・フォスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャンプ瑞慶覧から転送)
移動先: 案内検索
キャンプフォスター第4ゲート

キャンプ ・フォスター(きゃんぷふぉすたー、Camp Foster、旧称 キャンプ瑞慶覧)は、在日米軍海兵隊沖縄県における中枢機能を有している施設。沖縄戦で戦死したウィリアム・アドルバート・フォスター海兵隊一等兵にちなむ。キャンプ・バトラーの一部を構成しており、その本部がある。なおキャンプ・バトラーは物理的な基地を意味するものではなく、沖縄の海兵隊施設全体を包含する際の呼称である。

地理[編集]

沖縄本島中部の中央に位置し、沖縄市宜野湾市北谷町北中城村にまたがっている。

概要[編集]

  • 管理部隊名:在沖米海兵隊基地司令部

キャンプ ・フォスターの占める土地のうち、およそ9/10は私有地である。このため年間81億円を超える賃借料が、日本政府から地主に支払われている。

施設[編集]

司令部事務所の他、兵舎や住宅、小中高校、消防署郵便局銀行、PX(売店)、診療所、娯楽施設、運動施設、教会など、日常生活に必要なものが揃っており、一つの街を形成している。

歴史[編集]

1975年まで在沖アメリカ陸軍の司令部が置かれていた。「キャンプ瑞慶覧」は陸軍基地時代の呼称であるが、沖縄県内の自治体や報道では現在もこの名称が使用されることが多い。

  • 1972年(昭和47年) - キャンプ瑞慶覧(陸軍)とキャンプフォスター(海兵隊)が統合。
  • 1975年(昭和50年) - 機構再編に伴い、陸軍から海兵隊に移管される。名称はキャンプ・フォスターに統一。
  • 2015年(平成27年) - 西普天間住宅地区約51ヘクタールが返還される。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯26度18分5秒 東経127度46分47秒