沖縄の米軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沖縄の米軍基地
日本の旗 日本沖縄県
Map U.S. military camps in Okinawa Prefecture.png
種類 米海兵隊 米陸軍 米海軍 米空軍
施設情報
管理者 アメリカ軍
歴史
建設 1945年
使用期間 1945年から現在まで

本項では沖縄県にある在日米軍基地について扱う。

沖縄県には、31の米軍専用施設があり、その総面積は1万8,609ヘクタールを占めている。米軍基地は沖縄県の総面積の約8%、また沖縄本島に限定すれば約15%の面積を占有している[1]

国土面積の約0.6%しかない沖縄県に、全国の米軍専用施設面積の約70.27%が集中している[2]。また、陸上だけではなく、27の水域と20の空域が訓練区域として米軍管理下に置かれ、漁業の制限や航空経路の制限がある。水域が約54,938㎢で九州の約1.3倍、空域が約95,416㎢で北海道の約1.1倍の広大なものとなっている。

歴史[編集]

第二次世界大戦中に米軍が建設した飛行場

1945年3月26日、沖縄戦で米軍が慶良間諸島に上陸して以降、米軍は前線で日本軍と激しく戦いながら、後方では日本の本土攻撃の拠点となるべく膨大な物量で着実に基地建設を進めていった。4人に1人の県民の命が奪われた沖縄戦では、生き残った県民は次々と収容所に送られ隔離されていた。

米軍基地の形成[編集]

旧日本軍が強制接収した土地を米軍が接収した土地
旧日本軍が土地を接収し敷設[3]した基地を米軍が接収、造成・拡大したものに由来する。上陸の当日4月1日、たちまちに接収された中飛行場(嘉手納基地)[4]や北飛行場(読谷補助飛行場)[5]。また、米軍は伊江島の戦いで当時「東洋一」と呼ばれた伊江島補助飛行場[6]を確保、半数の島民の命が犠牲となった。
沖縄戦と収容所時代に米軍によって接収した土地
沖縄戦のただ中、もしくは終戦後、米軍は住民を収容所に強制隔離しながら土地を接収し基地建設を開始。1945年6月15日に造成に着手した普天間飛行場[7]などがこれにあたる。故郷のすがたは消え[8]、「瓦一つも落ちていないほど敷きならされ」[9]、広大な基地が造成された。
戦後に米軍が強制的に接収した土地
メイスが配備されていた沖縄の基地
1953年、米軍は必要とすれば地主の同意なしに土地を接収できるとする布令109号「土地収用令」を公布し、真和志村銘刈・具志、宜野湾村伊佐浜、伊江村真謝など、一連の強制的な土地接収を開始した。いわゆる「銃剣とブルドーザー」といわれる強制接収の中で、人々は再び土地を奪われ、ボリビアやブラジルなどへの海外移住を余儀なくされるものも多かった[10]
日本政府による埋め立て
2018年12月14日、日本政府は普天間飛行場代替施設 (FRF) として海兵隊基地キャンプ・シュワブ沖、名護市辺野古大浦湾埋め立て土砂の投入を開始した。翌年、2019年2月24日、埋め立ての賛否を問う県民投票では埋め立てに反対が72.2%を占め、賛成は19%という圧倒的な結果であったにもかかわらず[11][12]、工事は継続している[13][14]

沖縄の米軍基地の特徴[編集]

国土面積約0.6%の沖縄県に、全国の米軍専用施設面積の約70.27%が集中している。

在日米軍基地面積の比較[15][16]
所在 『専用施設』 共同使用施設を含む『米軍施設』
面積(km2) 全国の『専用施設』
に占める割合
都道府県面積(国土)
に対する割合
面積(km2) 全国の『米軍施設』
に占める割合
都道府県面積(国土)
に対する割合
沖縄 184.944 70.27% 8.11% 187,082 19.09% 8.23%
沖縄以外 78.231 29.73% 0.02% 793,320 80.90% 0.21%
全国 263.176 100% 0.07% 980,402 100% 0.21%
  • 本土の米軍施設や区域は戦前の旧日本軍の基地をそのまま使用している場合が多く、その土地の約87%が国有地だが、沖縄県では米軍が民間地を強制接収してきた歴史があるため、約23%が国有地、残り約77%が県市町村有地か民有地であり、民有地はそのうち4割を占める[17]
  • 本土の米軍人の58.6%を空軍が占めているが、沖縄では駐留する米兵の59.5%が海兵隊である[18]

沖縄県にある米軍基地[編集]

沖縄の米軍基地 (1997年)
沖縄 米軍訓練区域 空域と海域 (1)
沖縄 米軍訓練区域 空域と海域 (2)

アメリカ海兵隊[編集]

在日米海兵隊には、遠征部隊である第3海兵遠征軍(3rd Marine Expeditionary Force, 3MEF)と、基地部隊である在日米海兵隊基地部隊(Marine Corps Bases Japan, MCBJ)があり、前者はうるま市キャンプ・コートニー、後者はキャンプ・フォスターに司令部を持ち、組織図上では別個の組織となっているが、同じ司令官の下で統制されている。その海兵隊司令官を務める海兵隊中将は、沖縄に駐留する4軍すべての代表である在沖米四軍調整官(Okinawa Area Coordinator, OAC)も兼務している。 なお、キャンプ・バトラーは在沖海兵隊の統括組織を表す名称であり、具体的な場所を表しているのではない。

  1. 北部訓練場
  2. 伊江島補助飛行場
  3. キャンプ・シュワブ
  4. 辺野古弾薬庫
  5. キャンプ・ハンセン
  6. 金武レッド・ビーチ訓練場
  7. 金武ブルー・ビーチ訓練場
  8. キャンプ・コートニー
  9. キャンプ・マクトリアス
  10. キャンプ桑江 (キャンプ・レスター)
  11. キャンプ瑞慶覧 (キャンプ・フォスター)
  12. 普天間飛行場
  13. 牧港補給地区 (キャンプ・キンザー)
  14. 津堅島訓練場
  15. 浮原島訓練場

アメリカ空軍[編集]

  1. 奥間レスト・センター
  2. 八重岳通信所
  3. 嘉手納弾薬庫地区
  4. 嘉手納飛行場
  5. 鳥島射爆撃場
  6. 出砂島射爆撃場
  7. 久米島射爆撃場

アメリカ海軍[編集]

  1. 天願桟橋
  2. キャンプ・シールズ
  3. 泡瀬通信施設 (泡瀬飛行場)
  4. ホワイト・ビーチ地区
  5. 黄尾嶼射爆撃場
  6. 赤尾嶼射爆撃場
  7. 沖大東島射爆撃場

アメリカ陸軍[編集]

  1. トリイ通信施設
  2. 那覇港湾施設
  3. 陸軍貯油施設

空域と海域[編集]

  1. ホテル・ホテル訓練区域
  2. インディア・インディア訓練区域
  3. マイク・マイク訓練区域
  4. ゴルフ・ゴルフ訓練区域〔空域〕
  5. 沖縄北部訓練区域〔空域〕
  6. 沖縄南部訓練区域〔空域〕
  7. アルファ区域〔空域〕

既に返還された米軍基地[編集]

  1. VOA通信所
  2. 羽地陸軍補助施設(多野岳ホーク基地)
  3. 嘉手納第4サイト (恩納サイト・メースB発射基地)
  4. キャンプ・ハーディー
  5. 屋嘉レストセンター
  6. 石川ビーチ
  7. キャンプ・ヘーグ
  8. 瀬名波通信施設(ボローポイント射撃場)
  9. 久場崎学校地区(久場崎スクール)
  10. キャンプ・マーシー
  11. 那覇空軍・海軍補助施設
  12. 那覇第二貯油施設(与儀タンクファーム)
  13. 牧港住宅地区
  14. 南部弾薬庫
  15. 新里通信所
  16. 知念補給地区
  17. 読谷補助飛行場
  18. 上本部飛行場 (本部飛行場・桃原飛行場)
  19. 泡瀬ゴルフ場
  20. 赤間山のミサイル基地 (渡嘉敷島)

米軍基地と沖縄[編集]

1945年、沖縄戦で4分の一の住民が命を奪われ、生き残った住民は米軍の収容所に送られた。米軍は沖縄中部で基地建設を進めていたため、中南部の大半の住民は北部の収容所に送られた。収容者はピーク時で33万人を超え、飢餓やマラリヤなどで22か所の収容所で最低でも6423人が死亡している[19]。特に北部の収容所の状態は極めて劣悪なものであった[20]

1954年から1964年にかけ、在日米軍軍政下の沖縄で住民のボリビアへの移住が進められた。生活基盤を奪われた沖縄住民の約3,218名がこの期間にボリビアへ移住し、今日までに生存できた被強制移住者達は、その子孫を含めても806名に過ぎないことが判明している。

在沖米軍による主な事件・事故[編集]

主要な事件の年表[編集]

  • 1945年 勝山殺人事件[21]
  • 1950年8月 読谷村米軍機増槽落下事件: 読谷村で米軍機の補助燃料タンクが落下し住民1名死亡。
  • 1991年10月 那覇市米軍機増槽落下事件: 住民6名死亡。
  • 1955年9月4日 嘉手納幼女強姦殺人事件: 嘉手納村の通信基地付近の原野で当時6歳の幼女のレイプ惨殺遺体が発見された。
  • 1955年9月10日 旧具志川村で当時9歳の幼女が拉致されレイプされる。
  • 1955年10月25日、宜野座村原子砲発射事件: キャンプ・ハーディーで原子砲を発射し小学生がまきこまれる。
  • 1959年6月19日 ナイキ・ハーキュリーズ核ミサイル誤射事件: 米軍那覇サイト(現在の那覇空港)でMIM-14が誤射。
  • 1959年6月30日 宮森小学校米軍機墜落事故: 米空軍戦闘機が石川市の小学校に墜落、死者17人、重軽傷者210人。
  • 1961年7月11日 旧久志村辺野古のバー店内で女性が刃物で刺殺。海兵隊員2人が犯行を自供。
  • 1962年12月20日 嘉手納基地KB-50J型空中給油機墜落事件: 給油機は滑走路近くの民家に墜落し大破。
  • 1965年6月11日 読谷村トレーラー落下事件: パラシュート投下訓練中にトレーラーが落下、小学生女児が死亡。
  • 1968年11月19日 嘉手納飛行場B-52爆撃機炎上事故: B-52搭載の燃料及び爆弾に引火し、大爆発をひきおこした。
  • 1966年5月19日 嘉手納KC-135空中給油機墜落事故: 沖縄市で道路に墜落、会社員1名と乗員10名が全員死亡。
  • 1969年7月18日 レッドハット毒ガス事故: 知花弾薬庫内の「レッド・ハット・エリア」で毒ガス放出事故
  • 1970年12月20日 コザ暴動: 午前1時半頃、米車両による交通事故に米憲兵が威嚇発砲、暴動へと発展した。
  • 1973年4月12日 金武ブルービーチで演習中の戦車が女性を轢殺[22][23]
  • 1974年10月23日 名護市辺野古のカフェで女性経営者が強盗目的の米兵にブロックで殴られ死亡。
  • 1995年9月4日 沖縄米兵少女暴行事件: 米兵3名による12歳女子小学生の集団レイプ事件。
  • 1996年 米兵飲酒運転連続死亡事故: 1月に北谷町で母子3人が、2月に北中城村で、5月に石川市で。
  • 2002年11月2日 沖縄米兵強制わいせつ未遂事件: 海兵隊少佐による強制わいせつ、器物損壊事件、強姦未遂事件。
  • 2004年8月13日 沖国大米軍ヘリ墜落事件: 普天間のCH-53Dが沖縄国際大学に墜落し炎上。
  • 2008年2月10日 米海兵隊員14歳沖縄少女強姦事件: 海兵隊員が14歳の少女を車内で強姦し逮捕されたが不起訴となった。
  • 2012年10月16 ヒットアンドラン女性暴行事件: テキサスから移動中の米軍の兵士二人が、立ち寄った沖縄で暴行事件を起した[24]
  • 2013年8月5日 キャンプ・ハンセン山中に空軍救難ヘリが墜落、乗員4人全員死傷。救急車は敷地内への入場を拒まれた。
  • 2016年3月13日 米海兵隊員観光客女性準強姦事件: シュワブ米兵、酔った観光客女性をホテルの部屋に連れ込み強姦。
  • 2016年4月28日 沖縄うるま市強姦殺人事件: 元海兵隊員米軍属がうるま市の20歳女性を殺害・遺棄した事件。
  • 2019年4月13日 北谷女性殺害事件: 接近禁止令にもかかわらず外出許可をうけた海兵隊員が女性を殺害し自殺[25]

米兵による性犯罪は沖縄戦の当時から多くが泣き寝入りを強いられ、訴えても日米地位協定に守られた米兵が日本の法律で裁かれることはできなかった。記録で残されているところでは、暴行被害者の最年少は生後9か月の女児とされる。沖縄戦と戦後から農作業中やその帰路に米兵に襲われて暴行される事件が頻発し、1950年代には住居侵入による暴行犯罪が増加した。[26]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沖縄県 Q4 沖縄にはどれだけの米軍基地があるのですか。(PDF:378KB)
  2. ^ 詳しくは在日米軍のページを参照。
  3. ^ <終わらぬ夏 戦後74年>(上) 旧日本軍に接収され 補償も返還もないまま” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年2月13日閲覧。
  4. ^ 米軍は4月1日、旧日本軍の北と中飛行場を目指し上陸「同日午前11時半、主要な目的であった読谷(北)と嘉手納(中)の両飛行場をいともあっけなく占拠すると、すかさず飛行場の整備に当たった。…こうして嘉手納飛行場は、その日のうちに不時着用として使用できるまでになった。』大田昌秀 編著『写真記録 これが沖縄戦だ』(琉球新報社) p. 39.  
  5. ^ 「5月末までに、沖縄本島と伊江島に建設中の爆撃機用ならびに戦闘機用滑走路は、10本。このうち、完成の間近なのは、読谷と嘉手納飛行場、それに伊江島の、それぞれ1本ずつであった。沖縄でつくられた米軍最初の滑走路は、読谷にできた長さ2100メートルの中距離爆撃機用で、6月17日に完成された。」米国陸軍省編・外間正四郎訳『沖縄 日米最後の戦闘』光人社NF文庫 (2006/7/1) p. 446
  6. ^ Asahara, Hirohisa (2016年1月21日). “反基地非暴力闘争の発火点 伊江島の親子反戦地主 平安山良有さんと良尚さんの証言” (日本語). Vice. 2020年2月13日閲覧。
  7. ^ 米軍記録「第806工兵航空大隊が、この7500フィート(約2286m)の滑走路建設に着手したのは、1945年6月15日で、完成は9月1日の予定」
  8. ^ 松並木も学校も…今は普天間飛行場の中 生還して帰った古里は住むこと許されず <奪われた日・再生への願い―戦後75年県民の足跡①玉那覇昇さん㊤> 琉球新報
  9. ^ 故郷は“世界一危険な基地”普天間飛行場 玉那覇祐正さん 琉球新報
  10. ^ 米軍に銃剣とブルドーザーで土地を奪われ、ブラジルに移住 劣悪な労働環境に強盗被害、激しいインフレ… 沖縄・伊佐浜移民の苦難の半生を本に 帰国後は努力で夢かなえる 琉球新報
  11. ^ 沖縄県 平成31年2月24日執行 県民投票 開票結果
  12. ^ (日本語) 辺野古基地建設問う 県民投票開票速報 ~県民が投じた未来への一票~【沖縄テレビ】, https://www.youtube.com/watch?v=76s9mnUrWac 2020年2月13日閲覧。 
  13. ^ 辺野古移設 県民投票後の工事継続、事前決定 防衛相、参院予算委で” (日本語). 毎日新聞. 2020年2月13日閲覧。
  14. ^ 「沖縄には沖縄の、国には国の民主主義がある」 岩屋防衛相が持論 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年2月13日閲覧。
  15. ^ 在日米軍施設・区域(専用施設)面積”. 防衛省. 2019年9月28日閲覧。
  16. ^ 在日米軍施設・区域(専用施設)都道府県面積”. 防衛省. 2019年9月28日閲覧。
  17. ^ 沖縄の基地の成り立ち 知っておきたい3つのこと 琉球新報
  18. ^ 沖縄県 数字で見る沖縄の米軍基地
  19. ^ 沖縄戦22収容所 住民6400人死亡 幼児と高齢者 際立つ犠牲 東京新聞
  20. ^ 【Archive 1-13】大浦湾一帯の収容所 ~ マラリアと飢餓と一面の墓標” (日本語). Battle of Okinawa. 2020年2月14日閲覧。
  21. ^ “1945 Katsuyama killing incident” (英語). Wikipedia. (2020-01-04). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=1945_Katsuyama_killing_incident&oldid=934081520. 
  22. ^ 『沖縄平和論のアジェンダ:怒りを力にする視座と方法』(法律文化社2018年)付録 沖縄戦後史略年表(1945-2018) 
  23. ^ 「また米軍」「ひどい」絶対許せない/沖縄女性遺体遺棄 静かな住宅街衝撃” (日本語). www.jcp.or.jp. 2020年2月24日閲覧。
  24. ^ 沖縄、米兵による性暴力犯罪糾弾”. www.jrcl.net. 2020年2月21日閲覧。
  25. ^ DV・ストーカー行為を米軍・県警が放置か 沖縄・米兵女性殺害事件の背景(城間陽介)” (日本語). BLOGOS. 2020年2月28日閲覧。
  26. ^ 米兵の性犯罪、赤ちゃんも被害 「暴力の歴史」続く沖縄 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年2月29日閲覧。


関連項目[編集]