普天満宮洞穴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
普天満宮洞穴

普天満宮洞穴(ふてんまぐうどうけつ)は沖縄県宜野湾市普天満宮内に入り口がある全長約280mの鍾乳洞である。普天満女神や普天間仙人の伝説があり、沖縄貝塚時代前期後半以後の遺物が多数発掘されている。普天満宮はこの洞窟内に琉球古神道神を祀ったことに始まるとされる。50m程が公開されており、見学無料である。

  • 1991年8月1日付で宜野湾市天然記念物指定。

関連項目[編集]

座標: 北緯26度17分34.9秒 東経127度46分38.6秒 / 北緯26.293028度 東経127.777389度 / 26.293028; 127.777389