洞窟生成物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

洞窟生成物 (どうくつせいせいぶつ) とは洞窟堆積物あるいは洞窟充填堆積物の一つで、洞窟内の天井や壁・床に滲出する地下水、あるいは洞窟内を流れる地下水流中に溶存した鉱物分の晶出/沈殿によって二次的に形成される化学沈殿物の総称である。

洞窟石灰生成物、洞窟二次生成物[1]、あるいは洞窟装飾物とも (洞窟は省略されることも多い)。広義では鍾乳石に同義。

特別な例として、熔岩洞にみられる熔岩鍾乳珪酸鍾乳も洞窟生成物の一つであるが、熔岩鍾乳は地下水中から晶出したものではなく、熔岩が固まったもので二次的な成長はしないので、厳密な意味では鍾乳石ではない。しかし珪酸鍾乳は成長するという意味で鍾乳石である。

化学 (鉱物) 組成[編集]

多くの洞窟生成物は石灰洞 (鍾乳洞)内で見られ[2]、その化学組成はおもに炭酸カルシウム CaCO3 (鉱物名は方解石、岩石名は結晶質石灰岩) である[3]

少数ではあるが生成条件によっては同じ化学組成を有する霰石や、石膏 CaSO4・2H2O[3]水酸燐灰石 Ca5(PO4)3(OH)[3]褐鉄鉱 FeO(OH)・nH2O、珪酸 Si(OH)4、 氷 H2O、粘土、珪藻などからなる例もある。

特異な例として、金属鉱床にともなう洞窟や坑道内、熔岩中の空隙などには、針鉄鉱 FeO(OH)、孔雀石 Cu2CO3(OH)2胆礬 (たんばん) CuSO4・5H2O、岩塩 NaCl、メノウ SiO2蛋白石 SiO2・nH2O、石英 SiO2などの例が見られることがある。

生成過程[編集]

洞窟生成物をつくる鉱物には上記したもの以外にも多くの種類があり、これらを洞窟鉱物と総称する。これまでに世界各地で約260種が確認されている[4][要ページ番号]。大多数の鉱物は、水の蒸発や水温の低下等によって溶存成分が過飽和に達し、結晶が析出するために生成する。しかし量的に大半を占める炭酸カルシウムからなる石灰洞内の洞窟生成物[3]が過飽和に至る生成過程は、それとは違って以下のとおりである[7]

雨水は土壌中の高い二酸化炭素分圧 (空気中の数倍から数十倍) によって大量の二酸化炭素を得、弱酸性へと変わり、石灰岩の割れ目に沿って浸透する過程で石灰岩 (主成分は炭酸カルシウム) を溶解する。この地下水が洞窟内に滲出したり、地下水流をつくって流れ込むと、水中にとけ込んでいた二酸化炭素が洞内気の方へ逸散する。洞内気の二酸化炭素分圧は、煙突効果による洞内気流の存在によって、外気よりも若干高い程度に過ぎないためである。

二酸化炭素の含有量が少なくなった水は炭酸カルシウムの溶解能を著しく減少させる。結果的に過飽和となり、余剰分が方解石として晶出を始め、洞窟生成物が生じる。二酸化炭素の逸散は水滴や薄膜状の水の場合により効果的に進行し、局部的な流速増大による圧力減少や撹拌/飛沫化が大きく作用する。また洞口部では外気の影響による水の蒸発、水温の増大がこれを加速する。

  • 洞内気の二酸化炭素分圧は、夏季よりも冬季において低くなる (煙突効果によって表層の二酸化炭素分圧が高い土壌空気を引き込まない) ために、洞窟生成物の成長は冬季に進むという考え方がある[疑問点][8]
  • 沖縄県の玉泉洞にある名所「黄金の盃」の巨大な畦石 (リムストーン) は水温の高い本流と低い支流との合流点に形成されており、水温上昇が生成要因と考えられている[9]

方解石晶出の過程で、水に含まれていた鉄イオンや土壌粒子等が取り込まれ、洞窟生成物は一般に淡茶色系の色彩を呈するが、これらの不純物がない場合には白色や透明感を有するものが生じる。

分類[編集]

外観を示す名称[編集]

沈積形態を示す名称[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 地球環境調査計測事典 2003, p. 881, 「§§洞窟内二次生成鉱物」.
  2. ^ 秋吉台の鍾乳洞 : 石灰洞の科学 1980, §IV, §VII.
  3. ^ a b c d 上野ほか 1978, p. 161-, 「§7 洞窟の鉱物をさぐる」.
  4. ^ 『すねぐろの洞穴のはなし』鹿島愛彦、松山、2008年、[要ページ番号]頁。全国書誌番号:21408612https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009315648-00?ar=4e1f 
  5. ^ 秋吉台の鍾乳洞 : 石灰洞の科学, p. 117-, 橋本和正、河野通弘「§§C 石灰洞の洞窟生成物」.
  6. ^ 洞窟学雑誌 1993, pp. 11–16, 鮎沢潤、藤井厚志「北九州市小倉南区の花崗岩洞窟で発見された非晶質洞窟生成物」.
  7. ^ 秋吉台の鍾乳洞は石灰洞の事例[5]であり、北九州市小倉南区では非晶質洞窟生成物も発見される[6]
  8. ^ 「_____」『大分地質学会誌』第15号、大分地質学会、2009年、 [要ページ番号]ISSN 1345-5672
  9. ^ 上野ほか 1978, p. 25-, 「§2 洞窟形成のメカニズム」.
  10. ^ a b 上野ほか 1978, p. 135-, 「§6 鍾乳石の種類と生長」.
  11. ^ "洞窟に眠る謎の物質". サイエンスZERO 第508回. 14 June 2015. NHK総合 名無し引数「和書」は無視されます。 (説明)
  12. ^ Sugita, Takashi; Ken Kikuchi, Koichi Makimura, Kensaku Urata, Takashi Someya, Katsuhiko Kamei, Masakazu Niimi and Yoshimasa Uehara (November 2005). “Trichosporon Species Isolated from Guano Samples Obtained from Bat-Inhabited Caves in Japan” (英語). Applied and Environmental Microbiology (American Society for Microbiology) 71 (11): 7626 - 7629. doi:10.1128/AEM.71.11.7626-7629.2005. http://aem.asm.org/content/71/11/7626 2015年8月9日閲覧。. 
  13. ^ Braissant, Oliver; S. Bindschedler, A.U. Daniels, E.P. Verrecchia, and G. Cailleau. “Microbiological activities in moonmilk monitored using isothermal microcalorimetry (Cave of Vers chez le Brandt, Neuchatel, Switzerland)” (英語) (pdf). Journal of Cave and Karst Studies 74 (1): 116-126. doi:10.4311/2011JCKS0213. https://caves.org/pub/journal/PDF/V74/cave-74-01-116.pdf 2015年8月9日閲覧。. 

参考文献[編集]

脚注に使用、主な執筆者順。

  • 上野俊一、鹿島愛彦 『洞窟学入門 : 暗黒の地下世界をさぐる』講談社〈講談社ブルーバックス〉、1978年、p.25-頁。doi:10.11501/9670047 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開。
  • 『洞窟学雑誌』第18巻、日本洞窟学会、1993年12月、 p.11-16, p.17-23、 doi:10.11501/3233074ISSN 0386-233X全国書誌番号:00030832。国立国会図書館内/図書館送信 。雑誌別題『Journal of the Speleological Society of Japan』。
    • 鮎沢潤、藤井厚志「北九州市小倉南区の花崗岩洞窟で発見された非晶質洞窟生成物」p.11-16(コマ番号0009.jp2-)。
    • 劉育燕、森永速男、張鳴、安川克己「石灰岩洞窟内二次生成物の岩石磁気学的特性」p.17-23。
  • 河野通弘(編) 編 『秋吉台の鍾乳洞 : 石灰洞の科学』河野通弘教授退官記念事業会、1980年3月。doi:10.11501/9670693 全国書誌番号:80030517、国立国会図書館/図書館送信参加館内公開。
    • 河野通弘「§I 秋吉台の石灰洞の研究史」p.1-。
    • 田中和広、松尾征二、河野通弘「§II 秋吉台の地質・地形と石灰洞 §§D 石灰洞の堆積物」p.53-。
    • 田原健史、河野通弘「§IV 秋吉台の石灰洞の地学 §§A 石灰洞の形態と分類」p.81-。
    • 松井敏治、藤井厚志「§同§§B 石灰洞の溶食微形態」p.90-。
    • 橋本和正、河野通弘「§同§§C 石灰洞の洞窟生成物」p.117-。
    • 前田時博「§同§§D 石灰洞の気象」p.134-。
    • 野島哲、藤井厚志、河野通弘「§同§§E 石灰洞の形成と発展史」p.146-。
    • 河野通弘「§VII 秋吉台の主な石灰洞」p.231-。
  • 「洞窟」 『地球環境調査計測事典』 第2巻(陸域編 2)、竹内均(監修)、フジ・テクノシステム、2003年。全国書誌番号:20401508 ISBN 4-938555-90-5
    • 「§§2.2 鍾乳洞の発達と洞窟堆積物および生成物の形成」p.879。
    • 「§§同 洞窟堆積物」p.879。
    • 「§§同 洞窟内二次生成鉱物」p.881。
    • 「§§3. 洞窟堆積物の調査法:洞窟生成物・堆積物から古環境をさぐる」p.882。

関連項目[編集]

関連資料[編集]

典拠以外の資料、発行年順。

外部リンク[編集]