質志鍾乳洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
入洞口

質志鍾乳洞(しずし しょうにゅうどう)は、京都府船井郡京丹波町質志(しずし)にある鍾乳洞京都府唯一の鍾乳洞である。町の指定天然記念物に指定されている。京都の自然200選のひとつ。

概要[編集]

質志鍾乳洞は、1927年昭和2年)に発見された、総延長約120m、高低差約25mの洞穴。

高屋川最上流部の標高約400mの玄武岩溶岩中にはさまれた石灰岩に位置しており、小規模なカルスト地形を成している。ここ質志一帯は丹波層群に分類され、前期ペルム紀フズリナコノドント化石が発見されている。

質志鍾乳洞公園[編集]

周辺は質志鍾乳洞公園として整備されており、公園内では、キャンプハイキング散策、バーベキューなどができるようになっている。

施設

施設[編集]

  • 時間:9:00 - 17:00
  • 12月と3月は、土日祝日のみ開園
  • 1月と2月は休園
  • 入場料:大人520円、中学生以下300円、3歳未満無料
鍾乳洞は公園内にあるため、入場料を払う必要がある

交通アクセス[編集]

  • 駐車場有り(無料、50台)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度14分9.73秒 東経135度19分13.73秒 / 北緯35.2360361度 東経135.3204806度 / 35.2360361; 135.3204806