幽玄洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蓮華の壁

幽玄洞(ゆうげんどう)は、岩手県一関市東山町にある鍾乳洞である。 見所にひょうたん池や浄魂の泉(水深10メートル以上の地底湖)がある。

洞窟を胚胎する石灰岩層には、ウミユリ、三葉虫、フズリナ、古代珊瑚など、3億5千万年前の化石がみられ、浅い海底であったことがわかる。

幽玄洞出口の対岸は観音霊山として古くから信仰の場になっている。

アクセス方法としては、大船渡線猊鼻渓駅を利用。(約1.5km)。

  • 開洞時間(年中無休)
    • 4月から9月 - 8時30分から18時まで
    • 10月から11月 - 8時30分から17時まで
    • 12月から3月 - 9時から16時まで

見所[編集]

浄魂の泉

「入口」  豊乳浄土、いのち観音、水月観音、ウミユリ本体の群生化石、浄魂の泉(地底湖)、ストローつらら石、幽玄の滝、三葉虫(化石)、コウモリの宿、蓮華の壁、ひょうたん池、渦状石筍、四方珊瑚(化石)、洞穴サンゴ(化石)  「出口」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度0分17.49秒 東経141度15分28.09秒 / 北緯39.0048583度 東経141.2578028度 / 39.0048583; 141.2578028