フズリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フズリナ
生息年代: シルル紀ペルム紀
Fusulinids from the Topeka Limestone
Fusulinids from the Topeka Limestone
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
石炭紀 - P-T境界
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
: リザリア Rhizaria
: レタリア Retaria
亜門 : 有孔虫亜門 Foraminifera
: Polythalamea
: フズリナ目Fusulinida
学名
Fusulinida
英名
Fusulinid
上科

フズリナ(Fusulina)[1]は、有孔虫のうちフズリナ目Fusulinida)に分類される絶滅した原生動物の一群。紡錘虫(ぼうすいちゅう)とも呼ばれる。より狭義には、そのうちのフズリナ属Fusulina)に分類されるものを言う。

フズリナ目は、古生代石炭紀ペルム紀)に全盛期を迎えた有孔虫で、存続した期間は約1億年。石灰質のを持っていたことから、石灰岩中に現れる化石として知られる。

日本では、秋吉台や、金生山などの石灰岩中に多量に存在することで知られ、進化系統がよく研究されており、示準化石としても用いられる[2]。古生代末に突然絶滅することから、中生代への転換期に起きた大量絶滅P-T境界事変)を証明する化石としても注目される。

Fusulina という学名は、ラテン語fusus紡錘)に小ささを示す -ulus指小辞)と生物名を示す -ina接尾辞)を付けたもので、小さい紡錘形の生物の意[3]。別名の紡錘虫はこれを和訳したもの。

形態[編集]

単細胞原生動物であるが、最終的には複雑な殻の形態、1cmにも及ぶ大きな体を獲得するも現れた。初期は円盤形で、形、紡錘形と進化している。紡錘形の種では、長断面と短断面では見た目の形状が異なるので、注意が必要である。

分布・生息環境[編集]

温暖な地域の海底付近に住んでいたと考えられる。生死はともかく、浮遊する時期もあったと考えられる。

紡錘虫石灰岩[編集]

フズリナを含む石灰岩を紡錘虫石灰岩(Fusulina limestone)という[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、47頁。ISBN 4-8181-8401-2[リンク切れ]
  2. ^ 文部科学省中学校学習指導要領解説 : 理科編』(PDF)大日本図書、2008年、72頁。ISBN 978-4-477-01979-62012年7月31日閲覧。
  3. ^ Merriam-Webster 'Fusulina'
  4. ^ 地質関係 岩石”. 鹿児島県. 2020年8月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 山際延夫「紡錘虫(Fusulinacean)」『日本古生物図鑑 : 学生版』藤山家徳・浜田隆士・山際延夫監修、北隆館、1986年、2版、14頁。ISBN 4-8326-0043-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]