日原鍾乳洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Nippara Syonyudo.jpg

日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)は、東京都西多摩郡奥多摩町日原にある鍾乳洞。総延長1270m、高低差134m。規模は瀧谷洞と並び関東で最大級。かつては山岳信仰で栄えた。東京都指定天然記念物。現在は観光地となっている。

入場料[編集]

団体割引(25名様以上)

営業期間[編集]

  • 1/4~12/29(年末年始休業12/30~1/3)

営業時間[編集]

  • 4/1~11/30 午前8時から午後5時
  • 12/1~3/31 午前8時30分から午後4時30分

交通[編集]

  • JR青梅線奥多摩駅から路線バスでおよそ30分、「日原鍾乳洞」下車。ただし、休日はバスが手前の東日原(ひがしにっぱら)止まりとなるので、東日原バス停から徒歩約20分。
  • 当地までの道路である都道204号線は、狭隘道路である為、落石等に充分注意が必要である。また、休日は駐車場が満車
  • 2014年5月現在、洞入口より先ががけ崩れにより通行止。そのため洞入口よりも先にある大型駐車場が使用できない。現在使用可能な洞入口至近の駐車場は30台程度。2km下流の臨時駐車場が代替で用意されている。

所在地[編集]

  • 東京都西多摩郡奥多摩町日原1052

周辺[編集]

入口付近には一石山神社がある。日原集落には奥多摩町営の森林館があり、この地域の樹木の資料館になっている。

また、近くには日原ふるさと美術館や倉沢のヒノキがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度51分9.3秒 東経139度2分27.1秒 / 北緯35.852583度 東経139.040861度 / 35.852583; 139.040861