飛騨大鍾乳洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飛騨大鍾乳洞 (ひだだいしょうにゅうどう)は、岐阜県高山市にある1965年大橋外吉が発見した観光洞部分800m、未開発洞部分1,000mの鍾乳洞である。現在は整備され1968年6月15日より観光鍾乳洞として一般公開されている。この鍾乳洞は標高900mに位置し日本にある観光鍾乳洞の中では一番標高が高い場所にある観光鍾乳洞として有名。鍾乳洞内からはウミユリフズリナなどの化石が多数発見されていて2億5千万年前ここが海底だったことがうかがえる。併設して大橋コレクション館あり飛騨大鍾乳洞観光株式会社が管理運営する。観光化のために積極的に洞内には掘削が行われており、内部の歩行は容易であるが、反面オリジナルの環境は広範囲に損なわれている。

概要[編集]

  • 所在地:岐阜県高山市丹生川町日面1147
  • 電話:飛騨大鍾乳洞観光株式会社
  • 営業日:年中無休
  • 営業時間(受付)
4月~10月 8時~17時
11月~3月 9時~16時
一般 団体(20名以上)
小人(小・中学生以上) 550円 350円
大人(高校以上) 1,100円 900円

※割引情報がある場合があるので、ホームページをチェックするといい。

見所[編集]

  • 第1洞(この鍾乳洞の一番の見所)
「竜宮の夜景」が見所。(ヘリクタイト(ねじり曲がりながら垂れ下がる鍾乳石)やストロー(白く細長い鍾乳管)他)
  • 第2洞(上り坂や階段が多い)
フローストーン(流れ石)が見所。
  • 第3洞(急坂、急階段)
「月の世界」、「天降石」が見所。

アクセス[編集]

  • 濃飛バス
    • JR高山駅より平湯・新穂高線に乗車。「鍾乳洞口」下車。バス停からは無料送迎車。(バス停待合所に設置してあるインターホンにて事務所に連絡してバスを待つ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度11分4.68秒 東経137度25分28.13秒 / 北緯36.1846333度 東経137.4244806度 / 36.1846333; 137.4244806