イオンモール沖縄ライカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール沖縄ライカム
ÆON MALL OKINAWA RYCOM
アライバルゲート
アライバルゲート
地図
店舗概要
所在地 901-2300
沖縄県中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区
座標 北緯26度18分51.1秒 東経127度47分44.4秒 / 北緯26.314194度 東経127.795667度 / 26.314194; 127.795667座標: 北緯26度18分51.1秒 東経127度47分44.4秒 / 北緯26.314194度 東経127.795667度 / 26.314194; 127.795667
開業日 2015年平成27年)4月25日
正式名称 イオンモール沖縄ライカム
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 約175,000 m²
延床面積 約160,000 m²
商業施設面積 約78,000 m²
中核店舗 イオンスタイルライカム店[1]
店舗数 約230
駐車台数 約4,000台
商圏人口 沖縄中部地方、沖縄本島全域
最寄IC 沖縄南IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg

イオンモール沖縄ライカム(イオンモールおきなわライカム)は、沖縄県中頭郡北中城村に開業したイオンモール運営のショッピングセンター

概要[編集]

1955年頃の琉球米軍司令部

在日米軍専用ゴルフ場だった泡瀬ゴルフ場跡地で行われているアワセ土地区画整理事業区域の商業ゾーンに建設され、規模としては、それまで県内最大の商業施設「サンエー那覇メインプレイス」を抜き、県内最大となる[2]。商圏は、沖縄本島全域のみならず県内外から訪れる観光客にも向けられ「リゾートモール」と位置づける。年間1000万-1800万人の来客を見込む[3]

計画・着工時の仮称は「イオンモール北中城」[4]であった。名称の「ライカム」とは、かつて北中城村比嘉地区に置かれていた琉球米軍司令部Ryukyu Command headquarters)の略に由来しており、このあたりの地区の通称にもなり、「ライカム交差点」「ライカム坂」などの地名が残っている。イオンモール沖縄ライカムは、そのライカム交差点に隣接しており、「ライカム」の名称が沖縄県民に浸透していることから名付けられた[5]

これまで、沖縄県におけるイオングループのショッピングセンターはイオン琉球が運営する「イオンショッピングセンター」で展開していたが、ショッピングセンター全体をイオンモール株式会社が運営する「イオンモール」としての出店は沖縄県初となった。

主なテナント[編集]

シネマライカム
CINEMA RYCOM
情報
正式名称 シネマライカム
完成 2015年
開館 2015年4月25日
開館公演シンデレラ』(ケネス・ブラナー監督)他
収容人員 (9スクリーン)1,403人
客席数 スクリーン1:345席
スクリーン2:245席
スクリーン3:135席
スクリーン4:135席
スクリーン5:135席
スクリーン6:135席
スクリーン7:91席
スクリーン8:91席
スクリーン9:91席
設備 5.1chデジタルサウンド
用途 映画上映
運営 コクワ流通サービスカンパニー
ザ・テラスホテルズ系列)
所在地 901-2300
沖縄県中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区 イオンモール沖縄ライカム4階
外部リンク シネマライカム

核店舗はイオン琉球が運営する「イオンスタイルライカム店」である。開店当初は「イオンライカム店」を名乗っており、店内看板や公式サイトの「ÆON STYLE」表記とは異なっていた、後に「イオンスタイルライカム店」に改名している。

沖縄県初出店には、モンベル直営店やさぼてん焼肉なべしまロイヤルホストくら寿司など。

沿革[編集]

  • 2009年12月18日 - 地権者らと「複合型商業交流施設の事業実施に関する基本合意書」を締結

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イオンスタイルでは唯一店名に「店」を入れている。他店舗では入っていない(例:イオンスタイル笹丘)。
  2. ^ “大型SC13年開店 泡瀬ゴルフ場跡、2500人新規雇用”. 琉球新報. (2009年12月19日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-154463-storytopic-4.html 2010年4月29日閲覧。 
  3. ^ “北中城・沖縄ライカム 初出店相次ぐ 雇用2000人”. 琉球新報. (2014年12月23日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-236318-storytopic-4.html 2015年6月7日閲覧。 
  4. ^ a b “(仮称)イオンモール北中城の開発計画について” (PDF) (プレスリリース), イオンモール株式会社, (2013年6月29日), http://www.aeonmall.com/upload/1372659975.pdf 2013年11月11日閲覧。 
  5. ^ “「イオンモール沖縄ライカム」 正式名称決定のご案内” (PDF) (プレスリリース), イオンモール株式会社, (2014年2月6日), http://www.aeonmall.com/upload/1391662608.pdf 2015年6月7日閲覧。 
  6. ^ “北中城のイオンモール「沖縄ライカム」に”. 沖縄タイムス. (2014年2月6日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=62130 2015年6月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]