イオンモール沖縄ライカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール沖縄ライカム
ÆON MALL OKINAWA RYCOM
AEON Mall Okinawa Rycom 01.JPG
アライバルゲート
地図
店舗概要
所在地 901-2306
沖縄県中頭郡北中城村字ライカム1番地
座標 北緯26度18分51.1秒 東経127度47分44.4秒 / 北緯26.314194度 東経127.795667度 / 26.314194; 127.795667座標: 北緯26度18分51.1秒 東経127度47分44.4秒 / 北緯26.314194度 東経127.795667度 / 26.314194; 127.795667
開業日 2015年平成27年)4月25日
正式名称 イオンモール沖縄ライカム
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 竹中工務店[広報 1]
施工者 竹中工務店
國場組
竹中土木 特定建設工事企業体[広報 1]
敷地面積 約175,000m²[広報 1]
延床面積 約160,000m²[広報 1]
商業施設面積 約86,000m²[広報 2]
中核店舗 イオンスタイルライカム店[注釈 1]
店舗数 約240[1]
駐車台数 約4,000台[広報 1]
商圏人口 沖縄中部地方、沖縄本島全域
最寄IC 沖縄南IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール沖縄ライカム(イオンモールおきなわライカム)は、沖縄県中頭郡北中城村に立地するイオンモール運営のショッピングセンター

概要[編集]

1955年頃の琉球米軍司令部

在日米軍専用ゴルフ場であった泡瀬ゴルフ場跡地であるアワセ土地区画整理事業区域内に建設され[2][3]、当初は2013年秋の開業が予定されていた[4][5]。計画・着工時の仮称は「イオンモール北中城」[広報 3]

商業面積は86,000㎡、開業当時でも78,000㎡と沖縄県内最大の規模を誇り[6][7]、商圏は沖縄本島全域におよぶ[8]。また、本施設は他のイオンモール店舗と異なり「リゾートモール」として位置付けられており、地元客のみならず県外から訪れる観光客もターゲットとなっている[広報 1][9]

これまで、沖縄県におけるイオングループのショッピングセンターはイオン琉球が運営する「イオンショッピングセンター」で展開していたが、ショッピングセンター全体をイオンモール株式会社が運営する「イオンモール」としての出店は沖縄県初となった。

店舗名称について[編集]

名称にある「ライカム」(RYCOM)とは、かつて北中城村比嘉地区に置かれていた琉球米軍司令部Ryukyu Command headquarters)の略であり、本施設が地区周辺にあるライカム交差点に隣接していることや、「ライカム」の名称が沖縄県民に浸透していることから名付けられた[広報 4]。2019年9月には、当施設を中心とする周辺一帯の住所が「字ライカム」に変更となった[広報 5]

沿革[編集]

  • 2009年12月18日 - 地権者らと「複合型商業交流施設の事業実施に関する基本合意書」を締結[広報 6]
  • 2013年6月29日 - 出店計画を発表[広報 3]
  • 2014年2月6日 - 正式名称が「イオンモール沖縄ライカム」に決定[10]
  • 2015年
    • 4月10日 - 施設周辺の道路3つの命名権をイオンモールが取得。それぞれに「イオンモール」を冠し『アライバル通り』『東通り』『南通り』と命名される[注釈 2][11]
    • 4月25日 - 開業。
  • 2019年4月26日 - 増床リニューアルオープン[12]
  • 2019年9月7日 - 所在地の大字が字比嘉から字ライカムに変更。同時に住所表記もアワセ土地区画整理事業区域から字ライカム1番地に変更となる。

館内構成[編集]

本施設は地上5階建てで、1階の専門店街は隣接する駐車場の一部を店舗化し増床されている[12]。吹き抜けスペースには大型水槽「ライカムアクアリウム」が設置されており、商業施設内の水槽としては日本最大級となる[13]

敷地内には地元在住の陶芸家によるシーサー像が設置されており、入口付近には本施設が建設された場所にあった旧字比嘉集落の石碑が建立されている[14]。この他、外部棟「ライカムヴィレッジ」は庭園デザイナーの石原和幸が造園を手掛けている[14][15]

フロアの詳細については「フロアガイド」を参照。

モール棟[編集]

  • 1階:イオンモール専門店街、ライカムアクアリウム、駐車場
  • 2階:イオンモール専門店街、イオンスタイルライカム店、飲食店エリア、駐車場
  • 3階:イオンモール専門店街、イオンスタイルライカム店、フードコート、屋内ステージ、イオンホール
  • 4階:イオンモール専門店街、イオンスタイルライカム店、フードコート、シネマライカム、キッズパーク
  • 5階:レストラン街、屋外ステージ、キッズパーク

外部棟「ライカムヴィレッジ」[編集]

  • ダイソー、レジェンドスポーツヒーローズ、各飲食店

主なテナント[編集]

シネマライカム
CINEMA RYCOM
情報
正式名称 シネマライカム
完成 2015年
開館 2015年4月25日
開館公演シンデレラ』(ケネス・ブラナー監督)他
収容人員 (9スクリーン)1,403人
客席数 スクリーン1:345席
スクリーン2:245席
スクリーン3:135席
スクリーン4:135席
スクリーン5:135席
スクリーン6:135席
スクリーン7:91席
スクリーン8:91席
スクリーン9:91席
設備 DOLBY ATMOS
DOLBY SURROUND 5.1
DLP
用途 映画上映
運営 コクワ流通サービスカンパニー
ザ・テラスホテルズ系列)
所在地 901-2306
沖縄県中頭郡北中城村字ライカム1番地 イオンモール沖縄ライカム4階
外部リンク シネマライカム
テンプレートを表示

核店舗はイオン琉球が運営する「イオンスタイルライカム店」である。開店当初は「イオンライカム店」を名乗っており、店内看板や公式サイトの「ÆON STYLE」表記とは異なっていた。

開業当時は約230店舗が入居しており、うち九州・沖縄地区初出店が49店舗、沖縄県初出店が70店舗である[広報 1]

テナントの詳細については、「ショップリスト」を参照。

シネマライカム[編集]

シネマライカムは沖縄県の映画館チェーンである「スターシアターズ」系列のシネマコンプレックスで、本施設の4階に位置する。上映面数は9スクリーンで収容人数は1,403人[16]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ イオンスタイルでは唯一店名に「店」を入れている。他店舗では入っていない(例:イオンスタイル笹丘)。
  2. ^ 北中城村との5年契約によるもので、契約期間は2015年4月1日から2020年3月31日まで。

出典[編集]

  1. ^ イオン/「イオンモール沖縄ライカム」刷新、専門店ゾーン新設”. 流通ニュース (2019年4月24日). 2019年12月14日閲覧。
  2. ^ イオンモール/2015年春に沖縄に出店、延床10万㎡以上”. 流通ニュース (2013年7月2日). 2019年12月14日閲覧。
  3. ^ 北中城村まちづくり基本構想〈報告書〉 (PDF) 北中城村、2019年12月14日閲覧。
  4. ^ 大型SC13年開店 泡瀬ゴルフ場跡、2500人新規雇用”. 琉球新報. 2016年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月14日閲覧。
  5. ^ SC10万㎡県内最大規模 H25年秋オープン目指す”. 沖縄建設新聞 (2009年12月21日). 2019年12月14日閲覧。
  6. ^ イオンモール沖縄ライカムオープン 開店前に1万1000人の列”. 沖縄タイムス (2015年4月25日). 2019年12月14日閲覧。
  7. ^ 沖縄“最大”は譲らない? イオンライカム、面積拡大でリニューアル パルコとサンエーの同規模施設を意識か”. 沖縄タイムス (2018年8月31日). 2019年12月14日閲覧。
  8. ^ 「イオンモール沖縄ライカム」の競合対策”. 商業界 (2019年9月20日). 2019年12月14日閲覧。
  9. ^ イオンモール沖縄ライカム 2015年春開業”. Fashionsnap.com (2014年3月3日). 2019年12月14日閲覧。
  10. ^ “北中城のイオンモール「沖縄ライカム」に”. 沖縄タイムス. (2014年2月6日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=62130 2015年6月7日閲覧。 
  11. ^ 「イオンモール」が北中城の村道名に 初の命名権取得”. 沖縄タイムス (2015年4月11日). 2019年12月18日閲覧。
  12. ^ a b イオン/「イオンモール沖縄ライカム」刷新、専門店ゾーン新設”. 流通ニュース (2019年4月24日). 2019年12月14日閲覧。
  13. ^ 水槽の管理運営に関しては、一般財団法人沖縄美ら島財団が協力を行っている。
  14. ^ a b 沖縄最大規模のリゾートショッピングモール「イオンモール沖縄ライカム」が4月25日オープン”. トラベルWatch (2015年4月22日). 2019年12月18日閲覧。
  15. ^ イオンモール沖縄ライカム石原和幸デザイン研究所、2019年12月18日閲覧。
  16. ^ シネマライカムのアクセス・上映時間・映画館情報映画の時間、2019年12月18日閲覧。

広報資料など一次資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]