FMぎんが

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2015年7月
株式会社中崎電子工業
愛称 FMぎんが
コールサイン JOZZ0BQ-FM
周波数/送信出力 78.6 MHz/20 W
本社・所在地
〒890-0045
設立日 1975年6月(株式会社中崎電子工業設立[1]
NPO法人FMさつまの認証は2010年2月18日
開局日 2011年3月20日
演奏所 鹿児島市西伊敷西伊敷3丁目5番7号(〒890-0002)
送信所 演奏所と同じ
中継局 鹿児島市坂之上1丁目(谷山地区)
放送区域 鹿児島市の一部
公式サイト http://fm786.jp/
演奏所

FMぎんがは、鹿児島県鹿児島市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である株式会社中崎電子工業が行うコミュニティ放送の愛称である。

概要[編集]

鹿児島県内では8局目、鹿児島市では鹿児島シティエフエム(フレンズFM)に次いで2局目のコミュニティ放送局である。 開局当初は特定非営利活動法人FMさつまが免許人であり、呼出名称FMさつまを愛称としていた。

沿革

2010年(平成22年)

2011年(平成23年)

  • 1月 試験放送開始
  • 3月14日 放送局の免許取得[1]
  • 3月20日 13時より本放送開始、開局特別番組として「さつまを語る」を放送。原口泉鹿児島大学教授、西平良将阿久根市長が出演。

2012年(平成24年)

  • 6月10日 空港無線設備などを取り扱う中崎電子工業(本社・3丁目)が免許人の地位承継[2]
  • 7月1日 愛称を「FMぎんが」に改称

2013年(平成25年)

  • 10月23日 中継局の免許取得[1]
  • 10月25日 中継局開局

放送体制[編集]

コールサインはJOZZ0BQ-FM、周波数78.6MHz、出力20W。 スタジオ・送信所は鹿児島市西伊敷3丁目にある(NPO法人の本部も置かれていた。)。

送信所は鹿児島市北部の内陸部に位置するため、開局当初は南部の谷山地区喜入地区が放送区域から外れていた。 2013年10月25日に谷山地区・喜入地区をカバーする中継局が坂之上1丁目に開局し、郡元地区以北の約9万4千世帯(カバー率約35%)から谷山・喜入地区まで広がり、計約21万7千世帯(同約80%)となって、一部山間部を除く市内全域で受信できることとなった [3]

主な番組[編集]

放送される番組はほとんどが自社制作である。各日とも深夜は放送を休止。また日曜日は終日音楽放送となっている。自社制作の生放送番組についてはUSTREAMを通じてインターネット配信を行っている。

  • めざましFM786 (月~金 7:00-9:00)
  • Museca♪Style (月~金 10:00-12:00)
  • DONDONブレイク (月~金 13:00-15:00)
  • オトーーク! (水 20:00-21:00)
  • どうも僕です。 (金 20:00-22:00)
  • 土曜ムゼカ♪ (土 10:00-12:00)
  • らじ☆キャン (土 14:00-15:00)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 取得日は、無線局等情報検索 平成26年4月12日現在(総務省電波利用ホームページ(国立国会図書館のアーカイブ:2014年6月1日収集))による。
  2. ^ 電波法第20条第3項参照
  3. ^ FMぎんが 市内全域で きょうから 坂之上に中継局開設 南日本新聞 2013年10月25日(Internet Archiveのアーカイブ:2013年10月29日収集)

外部リンク[編集]