FMナイトストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FMナイトストリート(エフエム-)はJFN制作で、1984年12月から1994年3月まで放送されていたラジオ番組である。

概要[編集]

この番組はBラインにて月~金の深夜に放送された。

最初は「今日から明日へ」と題して25:00(FM群馬FM三重は24:00)~26:00のみの放送、1988年4月からは放送時間を拡大して2部構成となり、FM群馬、FM三重のみネットしていた24:00~25:00が「ザ・リクエスト」、25:00~27:00が「ミッドナイト版」、27:00~29:00は「PAJAMA PRESS(パジャマ・プレス)」、1989年1月からは放送枠を変更し、25:00(FM群馬、FM三重は24:00)~26:00が「PAJAMA PRESS」、26:00~28:00が「PURE MUSIC(ピュア・ミュージック)」として放送された。同時に金曜日は「FMウィークエンドスペシャル」(1996年3月まで放送)として独立した。

FM-FUJIでも1988年8月の開局当時から、JFN脱退の1992年3月(正確には'92年4月から1年間は準加盟で'93年3月末日で正式脱退)までネットされ、ネット当時は東京近郊でのリスナーが多く、後の赤坂泰彦人気の元となったと言われている。

番組スタートの経緯[編集]

後に、番組に出演していたパーソナリティーの一人である赤坂泰彦が語ったところによると、最初の目的は「FMでも深夜放送をやろう、AMに対するアンチテーゼとして、FMでもトーク主体の深夜番組をやろう。」というものであったとされる。さらに「人気が出た暁には、キー局にもネットされることを目指そう」という目標もあったようだが、実際にこの番組の人気が上がった頃、目標であったキー局であるTOKYO FMでは、当番組をネットせず、自前で同じトーク主体の新番組(「NORU SORU」など)を立ち上げてしまったという「オチ」がついてしまっただけでなく、1994年3月にはTOKYO FM・JFNCが共同制作する新番組「ラジ王」に吸収・統合される結果となってしまった。

なお、番組の立ち上げには当時ラジオプレス社代表であったドン上野が関わり、以後番組終了までプロデューサーという立場で見守っていくこととなった。

パーソナリティ[編集]

第1部[編集]

「FMナイトストリート」(第1部)歴代のパーソナリティ
期間 タイトル 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1984.12 1985.09 今日から明日へ 麻田浩 市川光興 萩原健太 市川光興 岩田由記夫
1985.10 1986.03 市川光興 太田裕美 伊藤銀次 アグネス・チャン
1986.04 1986.09 安部恭弘
1986.10 1988.03 飯島真理
1988.04 1988.09 ザ・リクエスト
ミッドナイト版
椎名恵
1988.10 1988.12 村田和人 ケラ
1989.01 1989.03 PAJAMA PRESS 哀川翔 倉橋ルイ子 赤坂泰彦 ペッカー 放送無し
1989.04 1992.03 相澤元気 関口誠人
1992.04 1993.03 長友仍世
(infix)
1993.04 1994.03 ささきたまみ
(SEAGULLS)

今日から明日へ → ザ・リクエスト&ミッドナイト版[編集]

PAJAMA PRESS (1989年1月から)[編集]

  • 月曜:哀川翔(1989年1月~1992年3月)
  • 月曜:長友仍世infix)(1992年4月~1994年3月 → 「ラジ王」へ続投)
  • 火曜:倉橋ルイ子(1989年1月~同年3月)
  • 火曜:相澤元気(1989年4月~1994年3月)
  • 水曜:赤坂泰彦(1989年1月~1994年3月)
  • 木曜:ペッカー(1989年1月~同年3月)
  • 木曜:関口誠人(1989年4月~1993年3月)
  • 木曜:ささきたまみSEAGULLS)(1993年4月~1994年3月)

第2部[編集]

「FMナイトストリート」(第2部)歴代のパーソナリティ
期間 タイトル 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1988.04 1988.06 PAJAMA PRESS 哀川翔 高樹沙耶 畠山久 ペッカー 陣内大蔵
1988.07 1988.09 倉橋ルイ子
1988.10 1988.12 陣内大蔵 赤坂泰彦
1989.01 1989.06 PURE MUSIC 笹野みちる ケラ 伊藤銀次 放送無し
1989.07 1990.09 チャカ
(PSY・S)
1990.10 1990.12 ローリー寺西
(すかんち)
1991.01 1991.03 ダイナマイト・マリ
(NORMA JEAN)
1991.04 1991.09 大塚純子 博多めぐみ
(バビロン大王)
1991.10 1992.03 東京パノラマ
マンボボーイズ
1992.04 1992.09 山口洋
(ヒートウェイブ)
トータス松本
(ウルフルズ)
1992.10 1993.03 佐藤伸治
(フィッシュマンズ)
1993.04 1994.03 藤本恭子 加藤ひさし
(ザ・コレクターズ)

PAJAMA PRESS[編集]

PURE MUSIC (1989年1月から)[編集]

ネット局[編集]

  • 1987年10月 FM青森FM岩手(金×)、FM秋田FM群馬(24:00~)、FM新潟(金×)、FM三重(24:00~)、FM富山(金×)、FM福井(金×)、FM山陰(金×)、FM山口(木金×)、FM中九州FM宮崎(木金×)、FM沖縄(木金×)
  • 1988年4月 FM青森、FM岩手(金25×)、FM秋田(全曜日26時まで)、FM群馬(24:00~)、FM新潟(全曜日27時まで)、FM三重(24:00~27:00)、FM富山(金25×)、FM福井(金25×)、FM山陰(全曜日27時から)、FM山口(金25×)、☆FM香川(全曜日27時まで)、FM中九州(全曜日26時まで)、FM宮崎(月~木26時まで、金26~29時)、FM沖縄(月~水26時まで)

(以下、放送枠変更があった局のみ掲載)

  • 1988年8月 ☆FM富士(金×)
  • 1988年10月 FM秋田(月~木25~27時、金26~27時)、FM富士(月~木フルネット、金27時から)、☆FM長野(全曜日27時まで)、FM山陰(フルネット化)、FM山口(木金25×)、FM中九州(フルネット化)
  • 1989年4月 ☆FM山形、FM新潟(木26×)、FM福井(木25×)、FM山口(木25×)
  • 1989年10月 FM岩手(木25×)、FM富山(木25×)、FM富士(全曜日24時から)、FM新潟(フルネット化)、FM福井(フルネット化)、FM山口(水木25×)
  • 1990年4月 FM富山(水木25×)、☆FM石川(全曜日26時まで)、FM福井(月~水26時から、木26:30から)、FM三重(フルネット化)、FM中九州(全曜日26時から)、FM沖縄(全曜日26時から)
  • 1990年10月 FM長野、FM石川、FM富山(以上は打ち切り→「NORU SORU」に乗り換え)、FM新潟、FM山陰(27時まで「NORU SORU」ネット、全曜日27時から)、FM山口(火水木25×)
  • 1991年10月 FM秋田(木26~27×)、FM山形(27時まで「NORU SORU」ネット、全曜日27時から)、FM富士(全曜日26時まで)、FM山口(全曜日26時から)、◆FM大分
  • 1992年4月 FMとやま(「スーパーFMマガジン」打ち切り→再びフルネット化)、FM石川(全曜日27時台のみネット)、FM福井(木曜25時~フルネット)、FM富士(完全打ち切り)、☆FM徳島、☆FM高知、☆FM佐賀(全曜日27時まで)
  • 1992年10月 FM青森(27時まで「NORU SORU」ネット、全曜日27時から)、FM石川(「NORU SORU」打ち切り→フルネット化)、FM福井(全曜日26時から)、☆FM鹿児島(全曜日27時台のみネット)
  • 1993年4月 FM高知(27時まで「NORU SORU」ネット、全曜日27時から)
  • 1993年10月 FM山陰(「NORU SORU」打ち切り→再びフルネット化)、FM福井(木曜25時から再フルネット)、FM山口(月曜25時から再フルネット)

凡例

  • 「×」・・・ ネット無しの時間帯を表す。例:「金×」・・・金曜のみ未ネット 「火水木25×」火曜・水曜・木曜の25時台は未ネット)
  • ☆ ・・・ 開局によるネット開始局
  • ◆ ・・・ JFN加盟によるネット開始局
  • 特に注記の無い局はフルネット。なお便宜上、全曜日25時~29時(28時)全枠放送の局に関しても「フルネット」扱い。

関連番組リンク[編集]

JFN系 月~木24時~29時(28時)の深夜番組(?~1994年3月)
前番組 番組名 次番組
(これと同様の大型帯番組は無し)
FMナイトストリート
25:00~27:00 ラジ王
27:00~30:00 まんたんMUSIC
金 24時~29時の深夜番組(?~1988年12月)
(これと同様の大型帯番組は無し)
FMナイトストリート