佐世保基地 (アメリカ海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐世保基地(させぼきち)は、長崎県佐世保市にあるアメリカ海軍太平洋艦隊第7艦隊軍事基地。一般には海上自衛隊の施設も含めて同名称で呼ばれ、区別するときは「米海軍佐世保基地」・「海上自衛隊佐世保基地」のように組織名称を頭につける。

施設群としては中枢である佐世保海軍施設と付随する港湾施設・倉庫群からなる。九州防衛局ではこれらを「佐世保海軍施設等」などと総称している[1][2]。他の名称としては、駐留部隊名の「佐世保艦隊基地隊」(Commander Fleet Activities Sasebo[3])の略称 CFAS も用いられる。英語表記としてSasebo Naval Baseも用いられる。

概要[編集]

佐世保基地は、アメリカ海軍太平洋艦隊第7艦隊の一部が駐留する基地である。米軍組織上は、佐世保艦隊基地(FAS)と横須賀補給センター(FISCY)佐世保支所の2組織に大別される。土地総面積は 461.1ha (長崎県公式サイト内「米海軍佐世保基地」よりデータ引用)。

配備されている艦艇の一覧は「第7艦隊」を参照。一部の施設は海上自衛隊と共同で使用している。

1950年から1978年まで佐世保駅と赤崎貯油所を結ぶジョスコー線と呼ばれる米軍専用の引き込み線(4.6km)が使用されていたが、現在は佐世保重工業(SSK)敷地内に一部痕跡を残すのみである。

2021年1月25日に崎辺海軍補助施設が全面返還された[4]

主な配属艦艇[編集]

佐世保艦隊基地隊[編集]

佐世保艦隊基地(Fleet Activities Sasebo)、すなわち佐世保艦隊基地隊(Command, Fleet Activities Sasebo)が管理・使用する施設には以下のものがある[6]

  • FAC5029 佐世保海軍施設(※) 43.0ha
  • FAC5030 佐世保ドライドック地区(Drydock)(※) 8.3ha
  • FAC5032 赤崎貯油所75.4ha
  • FAC5033 佐世保弾薬補給所(Maebata Ammo Supply Point; Maebata Ordnance facility) 58.2ha
  • FAC5050 針尾島弾薬集積所(Hario Shima Ammo Storage Area; Hario Shima Ordnance facility) 129.7ha
  • FAC5086 立神港区(Tategami peninsula) 13.8ha
  • FAC5117 崎辺小銃射撃場(※)
  • FAC5118 崎辺海軍補助施設(Sakibe LCAC support facility) 12.9ha
  • FAC5050 針尾住宅地区(Hario Housing Area) 34.9ha
  • FAC5039 横瀬貯油所 61.8ha

※一部共用利用あり

佐世保湾の制限水域[編集]

佐世保湾水域の約83%は米軍の使用を優先する制限水域となっており、自衛隊と共同使用されている。さらに制限水域は以下のように細分化され、民間が制限なく使用できる水域は約17%でしかない。[7]

  • (A)制限水域(8.4%):すべての使用に許可を必要とする区域
  • (B)制限水域(19.3%):航行は自由だが、その他の使用は許可を必要とする区域
  • (C)制限水域(49.8%):潜水のみ許可を必要とする区域
  • (D)制限水域(5.7%):水上機路線権区域
  • 非制限水域(16.8%)

米軍が自衛隊・民間と共同使用している施設・区域[編集]

日米地位協定第二条第4項(b)の適用により、米軍は、以下の自衛隊および民間の施設の一部を利用(共同使用)している。

  • 海上自衛隊が提供[要出典]
    • FAC5029 佐世保海軍施設(倉庫施設等を利用)
    • FAC5117 崎辺小銃射撃場(射撃訓練に利用)
  • 佐世保重工業(SSK)が提供[要出典]
    • FAC5030 佐世保ドライドック地区(船舶修理等に利用)

日米地位協定第二条第4項(a)の適用により、在日米軍に提供されている施設および区域は、日本国および自衛隊・自治体・民間が一時的に使用することができる。海上自衛隊は、以下の米軍施設・区域を利用しているが、使用優先権は米軍にある。

  • FAC5029 佐世保海軍施設(倉庫施設等を利用)
  • FAC5030 佐世保ドライドック地区(船舶修理)
  • FAC5036 庵崎貯油所(燃料貯蔵)
  • FAC5050 針尾島弾薬集積所(弾薬貯蔵)
  • FAC5086 立神港区(船舶修理)

脚注[編集]

  1. ^ 管内の防衛施設九州防衛局、2021年6月15日閲覧
  2. ^ https://www.mod.go.jp/rdb/kyushu/
  3. ^ 米軍用語では、司令官(Commander)の麾下にある部隊を Command と称する。
  4. ^ 崎辺海軍補助施設(崎辺東地区)の全部返還について”. 佐世保市. 2021年3月12日閲覧。
  5. ^ LHA-6のドック能力補完のため追加配備
  6. ^ 米海軍佐世保基地”. 長崎県. 2021年3月11日閲覧。
  7. ^ 佐世保海上保安部”. 2015年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度9分45.9秒 東経129度42分41.2秒 / 北緯33.162750度 東経129.711444度 / 33.162750; 129.711444