佐田玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐田 玲子
出生名 佐田 玲子
別名 さだれい子
REIKO
生誕 (1957-05-07) 1957年5月7日(61歳)
出身地 日本の旗 日本長崎県長崎市
学歴 活水高等学校
ジャンル フォークソング
ニューミュージック
職業 シンガーソングライター
ラジオパーソナリティ
担当楽器 アコギ
活動期間 1989年 - (ソロとして)
レーベル スターマンレコード
事務所 さだ企画
共同作業者 白鳥座
THE 4/9
公式サイト 佐田玲子公式サイト

佐田 玲子(さだ れいこ、1957年5月7日 - )は、日本の女性歌手シンガーソングライターラジオパーソナリティ。歌手・さだまさしの妹である。長崎県長崎市出身。「白鳥座」の頃はさだれい子、ソロデビュー前の一時期はREIKOとしていた。

来歴・人物[編集]

1981年、兄・さだまさしがプロデュースしたユニット「白鳥座」のメンバーとしてデビュー、1984年には『銀河漂流バイファム』に「ムーヴ」として白鳥座がサントラ盤に参加した後、1989年に「くらやみ乙女」(作詞・作曲:中島みゆき)でソロデビューし、現在に至っている。デビュー前からさだまさしがコンサートのトークで顔立ちが似ていることを話題にし、また実際似ているために白鳥座初期には「兄と瓜二つならぬ『瓜四つ』」と自虐ネタにしていた。

2005年より、沢田聖子とユニット「THE 4/9」(ザ・フォーク)を結成し、精力的に活動中。また、兄同様喋りにも長けており、TBSラジオ大沢悠里のゆうゆうワイド[1]のアシスタントや自身がパーソナリティを務める番組など、ラジオにも出演している。東海ラジオ宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』でもたびたびゲスト出演していた。

兄のヒット曲「雨やどり」「秋桜」「親父の一番長い日」は、玲子を念頭に置いて作られたという。兄が妹の結婚を主題にした歌を作ってしまったせいか、実際の玲子自身は独身のままで、兄が自分のコンサートで客席に「誰かもらってくれる奴はいないか」と言ったこともある。また、兄が自身のラジオ番組『さだまさしのセイ!ヤング』(文化放送)で「お金持ちな男性と結婚してほしい」と発言したところ、たまたまそれを聞いていた玲子が文化放送へゲリラ電話をかけたことがあった。

前述の『大沢悠里のゆうゆうワイド』の初出演は2001年7月17日[1]で、当時を振り返った佐田は『ゆうゆうワイド』最終週の2016年4月5日の放送において「当時火曜パートナーの中島啓江ちゃんのピンチヒッターで出て、ものすごく緊張しました」と語るが、大沢悠里から「あれ今だから言うけど、オーディションだったんですよ」と明かされ「うそ! 知らないし、ピンチヒッター(だと思って)たし」と、慌てさせられた。同日のゲストである山本直純に関しても振り返り、今なお尊敬の念を抱き続けていることを語っている[2]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • ひとり歩き(1989年)
  • 君を信じて(1990年)
  • 本当は泣きたいのに(1992年)
  • MY LIFE(1993年)
  • CINQ(1994年)
  • あなたの唄になりたい(1997年)
  • 風待ち(2001年)
  • 懐郷(2006年)
  • Ave Maria〜子供たちのために〜(2007年)
  • Old Friends(2009年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • 心残りのラブレター 〜クリスマスコンサート2003〜(2004年)
  • クリスマスコンサート2004 約束(2005年)
  • クリスマスコンサート2005 Time Limit Bottle(2006年)(DVD付)
  • クリスマスコンサート2006 Present(2007年)
  • クリスマスコンサート2007 夢工房(2008年)

ベスト・アルバム[編集]

  • ザ・ベスト 佐田玲子(1999年)
  • ゴールデンベスト 佐田玲子(2004年)

その他の楽曲[編集]

  • あなたを愛したいくつかの理由(1988年) - さだまさしとのデュエット
  • 愛をみつけた(1995年) - さだまさしとのデュエット。NHKドラマ新銀河「愛をみつけた」テーマ曲

出演番組[編集]

テレビ[編集]

  • さだまさし 音楽工房(NHK教育1992年
    • 共演:さだまさし、服部隆之
    • テーマ曲「うたをつくろう」(作詞・作曲は兄)の歌も担当。妹なのに「さださんの奥さんですか?」という問い合わせが来てしまい、わざわざある回のオープニングで兄妹で、「名誉のために言っておくが、違います」というコメントを出したことがあった。しかし、その後もそれをネタに服部から「夫婦喧嘩はやめてください」などとからかわれたりもした。生徒同様に、最終回までに講師陣3人合作による「感謝状」という歌を作り、後に『みんなのうた』でも放送された[3]
  • 今夜も生でさだまさしNHK総合2006年 - )
    • 兄が司会を務めるこのシリーズでは、「NHKの番組宣伝担当」として出演。『松山から生放送! 大型連休もさだまさし』(2007年4月29日放送)では「クイズ出題者」として出演した。

ラジオ[編集]

放送終了[編集]

出演者等による番組のアイキャッチでは、上記の間違いを受けてか「まさしの妹です、嫁じゃありません。」と玲子本人が一言付け加えているバージョンが存在する。

脚注[編集]

  1. ^ a b レギュラーパートナーとしては、2002年1月8日から
  2. ^ 2016年4月5日放送の『大沢悠里のゆうゆうワイド』トークより
  3. ^ 作曲者/作詞者の順にテロップ表記が出た数少ない例外曲でもある

関連ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]