筑後川花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
筑後川花火大会
概要
旧名称 水天宮奉納花火大会(1964年まで)
開催時期 8月5日
初回開催 1650年
会場・場所 京町、篠山
打ち上げ数 18,000発
主催 筑後川花火大会実行委員会
最寄駅 JR久留米駅
直通バス 西鉄久留米駅から臨時シャトルバスが運行
外部リンク 久留米市ホームページ
テンプレートを表示

筑後川花火大会(ちくごがわはなびたいかい)は、福岡県久留米市で開催される花火大会である。

概要[編集]

毎年45万人以上の観客があり、九州最大の河川である筑後川の河川敷が会場になる。2004年から久留米城の河川敷に新たに会場が設置された。大会当日は渋滞が激しいため公共交通機関での来場が呼びかけられている。

例年約1万8000発の花火が打ち上げられ、その規模は西日本最大級である。起承転結のある優れたスターマイン(速射連発花火)や、ナイアガラをはじめとする大規模な仕掛け花火、巨大な尺玉が夜空に大輪の花を咲かせる。浴衣を着た多くのカップルや親子連れで賑わう。会場には露店が400店以上並び、久留米B級グルメの店も出店する。筑後川花火大会は、水天宮夏大祭の奉献花火としてあげられるイベントであり、筑後川花火大会と“水の祭典久留米祭り”とは歴史的には関係がない。

歴史[編集]

1650年慶安3年)に久留米藩の藩主である有馬忠頼水天宮社地に社殿を寄贈した際、その完成祝賀にあたって花火を奉納したことに起源を持つ。その後は「水天宮奉納花火大会」として、混乱や戦争等による9回の中止を経ながら1965年昭和40年)に現在の名称となる。更に、久留米市街地の各例大祭を統合した久留米水の祭典が当大会に合わせて1972年(昭和47年)より開始されたことで、その祭りのフィナーレを飾る意味も加えられた。

従来より水天宮前の河川敷のみで行われていたが、明石花火大会歩道橋事故を受け、2004年平成16年)より、当時の久留米警察署長によって久留米城河川敷にある篠山会場との分散打ち上げになった。それに伴い従来の会場は「京町会場」と名付けられた。更に2005年(平成17年)から鳥栖市が共催に加わり、鳥栖会場として、久留米市境にあたる下野町の運動広場に観覧場所を設置した。

日時[編集]

例年8月5日に開催される。雨天時は7・9・11日と隔日順延になる。
例年19:40から21:10まで打上げがある。

会場[編集]

花火会場として下記6つの会場が用意されている。篠山会場では20:15頃から尺玉の打ち上げが開始される。筑後川の河川敷は広いため会場間(京町会場と篠山会場)の徒歩移動も可能である。ビルなどの障害物がない郊外では立ち見をして花火を見る事も出来るが、会場で見るような圧倒的な迫力は無くなる。

観覧場所[編集]

いずれも筑後川の河川敷。特記のない限り福岡県久留米市の筑後川沿いに所在。

  • 京町会場 - 二千年橋〜長門石橋の水天宮前左岸河川敷
  • 長門石会場 - 長門石橋周辺の右岸河川敷
  • みやき会場 - 豆津橋より上流側の右岸河川敷
  • 篠山会場 - 長門石橋〜豆津橋の久留米城前左岸河川敷
  • 小森野会場 - 小森野橋〜二千年橋の右岸河川敷
  • 鳥栖会場 - 佐賀県鳥栖市、右岸の下野町運動広場

打ち上げ場所[編集]

  • 京町会場対岸
  • 篠山会場対岸

交通規制[編集]

主に久留米大橋〜豆津橋間の堤防道路と筑後川両沿岸地域で車両の通行が不可能になる。いずれも18:30〜22:00まで規制される。

立入禁止
  • 久留米高専裏の筑後川右岸、宝満川左岸を通る堤防道路(篠山会場の打ち上げ場所)
  • 長門石橋〜豆津橋間の筑後川右岸を通る堤防道路の一部(京町会場の打ち上げ場所)
  • 小森野橋
  • 長門石橋の下流側歩道
車両通行止め
  • 豆津橋交差点 - 水天宮入口交差点 - 縄手交差点 - けやき通り - 櫛原バイパス - 消防本部東交差点 - 二千年橋南詰より筑後川左岸河川敷側のすべての道路
  • 福岡県道145号と長門石橋は規制対象外
  • 医大通りの旭町交差点〜大学病院前はシャトルバスの待機場
  • 久留米大橋〜小森野橋間の両岸堤防道路
  • 鳥南橋〜豆津橋の安良川・宝満川・筑後川右岸の堤防道路
  • 福岡県道17号より西側の堤防道路
  • 下野交差点から筑後川河川敷へ至る道路
  • 肥前旭駅前の交差点から筑後川河川敷へ至る道路

アクセス[編集]

鉄道・バス[編集]

  • 京町会場 - JR久留米駅より徒歩
  • 篠山会場 - 西鉄久留米駅より臨時バスに乗車し、大学病院前バス停で下車
  • 小森野会場 - 宮の陣駅より徒歩20分
  • 鳥栖会場 - 肥前旭駅より徒歩30分
  • 長門石会場 - 西鉄バス40番の福祉センター前バス停で下車
  • みやき会場 - 西鉄バス41番、45番の豆津バス停で下車

大会当日、西鉄では臨時電車が運行される。シャトルバスは篠山会場へ行くものが西鉄久留米駅〜大学病院前(久留米大学病院)バス停間で運行されており、西鉄久留米駅から京町会場へは通常運行されているバスに乗車し、JR久留米駅バス停で下車することになる。

自家用車[編集]

当日は交通規制や渋滞により自家用車で久留米市に入るのは困難となる。鳥栖市の鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム/ベアスタ)の駐車場が開放されるため、ベアスタ最寄りの鳥栖駅から鹿児島本線でJR久留米駅へ移動することになる。

外部リンク[編集]