起承転結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

起承転結(きしょうてんけつ)とは、物事の展開や物語の文章などにおける四段構成を表す概念。元々は4行から成る漢詩絶句の構成のこと。一行目から順に起句、承句、転句、結句と呼ぶ。もとの中国語漢文)では起承転合中国語: 起承转合)である。 [1]

元の意味から転じて、小説漫画など物語ストーリーや文章などを大きく4つに分けた時の構成、または各部の呼称としても使われる。起承転結の典型的な例として4コマ漫画の構成などがある。

[編集]

物語[編集]

  • : 物語の導入部。その物語にはどんな登場人物がいるか、どんな世界・時代に住んでいるのか、登場人物同士の関係はどんなものか、なぜその物語は始まるのかなど、これから物語を読む上で必要な知識を紹介する部分。
  • : 「承」は「受ける」を意味し[2]、「起」で提起した事柄を受け、さらに進めて理解を促し、物語の導入である「起」から、物語の核となる「転」へつなぐ役目を果たす部分。ここは単純に「起」で紹介した物語を進めるだけで、次に続く「転回」または「展開」が誤解されることがないように備えておくものであまり大きな展開はないのが普通。
  • : 物語の核となる部分。「ヤマ」ともいわれる、物語の中で最も盛り上がりを見せる部分。物語の中でも最も大きな転機を見せる部分であり、読者が知らなかった事柄や想起を超える展開をすることによって、関心や興味を引く部分となる。
  • : 「オチ」とも呼ばれる部分で、物語が進んだ結果、「転」での結末が最終的にどうなったのかを描いて物語を締めくくる部分。

俗謡[編集]

起承転結の例として、頼山陽の以下の俗謡がよく挙げられる[3](出典により多少の相違がある、相違部分は括弧で表した)。

  • : 京の三条の([4])糸屋の娘
  • : 姉は十六妹十四([5]
  • : 諸国大名 (諸国諸大名) は弓矢 (刀) で殺す (斬る)
  • : 糸屋の娘は目 (眼) で殺す

技法[編集]

日本においては、起承転結が文書作成の技法として、学校教育作文等で取り上げられることもある。だが、起承転結は漢詩の構成法であるため、論理的な構成を要する脚本の構成、学術的文章および実用的文章には向かない。国際的には、脚本の構成では三幕構成[6]、学術的文章ではIMRADが主流であり、また、英語圏における実用的文章では、パラグラフ・ライティング(総論-各論-結論)[7]が主に用いられている。ただし、日本においても、通常、学術論文ではIMRAD形式が用いられる[要出典]。また、日本の伝統芸能における脚本構成は、序破急、すなわち三幕構成である[8][9][10]

起承転結はもともと「」や「句切れ」の構成を端的に表す四字熟語であり、説明文、実用文書には段落パラグラフ)やを意識した構成が必要となる。さらには、複雑な事柄や、全く新しいことを記述する文書などは章[11]を設ける構成も要る[要出典]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 起承転合(百度百科)(中国語)
  2. ^ 「承」の意味 三省堂大辞林
  3. ^ ことば会議室:起承転結「糸屋の娘は目で殺す」
  4. ^ この部分には、他に「京都三条」「京の五条の」「三条木屋町」「大坂本町の」「大坂天満の」「大坂船場の」「浪速花町」「浪花本町」「向こう横丁の」のいずれかが入る。
  5. ^ 姉と妹の年齢は他に、二十一と二十、十八と十五、十八と十六、十七と十五、十六と十五というものもある。
  6. ^ 浜野高宏; 今村研一, ハンス・ロバート・アイゼンハウアー (平成24年度). “ドキュメンタリーの国際共同製作ガイダンス” (Japanese). 公益財団法人ユニジャパン. p. 12. 2014年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月2日閲覧。
  7. ^ 冨永敦子 (2003年11月5日). “パラグラフライティング-第3回プロから学ぶ「わかりやすい文章の書き方」講座”. 静岡大学情報学部堀田研究室(当時). 2003年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月2日閲覧。
  8. ^ 大辞林』 第三版 三省堂じょはきゅう【序破急】」の項
  9. ^ 世界大百科事典』 第2版 平凡社じょはきゅう【序破急】」の項
  10. ^ 歌舞伎舞踊の作品と表現-五段構成と序破急” (Japanese). 文化デジタルライブラリー. 独立行政法人日本芸術文化振興会 (2009年). 2014年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月28日閲覧。
  11. ^ 三省堂大辞林