Living with joy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Living with joy
高橋洋子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル キティレコード(KTCR-1401)
プロデュース 高久光雄
高橋洋子 年表
BEST PIECES
(1996年)
Living with joy
(1996年)
〜refrain〜 The songs were inspired by "EVANGELION"
(1997年)
『Living with joy』収録のシングル
テンプレートを表示

Living with joy』(リビング・ウィズ・ジョイ)は高橋洋子の4枚目のオリジナルアルバム1996年10月25日キティレコードから発売された。

概要[編集]

1996年に発売された新曲を3曲、カバー曲を7曲収録されたアルバムである。

キャッチコピーは「愛に溢れたボーカルアルバム」[1]

大ヒットした11thシングル「残酷な天使のテーゼ」の発売からちょうど1年後に発売している。

大貫妙子の「新しいシャツ」、アン・ルイスの「シャンプー」[2]井上陽水の「つめたい部屋の世界地図」などの永遠の名曲のカバー曲を収録している[1]

4曲目の「Hello winter〜Do space men pass dead souls on their way to the moon?」はメドレー曲となっており、 Hello winter→Do space men pass dead souls on their way to the moon?→Hello winterの順番に流れる。「Hello winter」の原曲はハイチの民謡である。

10曲目の「Snowscape」は、高橋がメインテーマ曲を担当したテレビドラマ『Age,35 恋しくて』の音楽を担当したカナダの作曲家であるアンドレ・ギャニオンからの提供曲である。

ボーナストラックとして、11曲目にジャズのスタンダード・ナンバーである『Fly Me to the Moon』のアレンジヴァージョンを収録してある。TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングテーマに起用されたバージョンではYOKO TAKAHASHI名義で歌っていたが、このバージョンでは実名で歌っている。

収録曲[編集]

  1. 新しいシャツ
    作詞・作曲:大貫妙子、編曲:森俊之
    オリジナルアーティスト:大貫妙子
  2. Living with joy
    作詞:田久保真見、作曲:松本俊明、編曲:鳥山雄司
  3. Ooo baby baby
    作詞・作曲:スモーキー・ロビンソン&ウォーレン・ムーア、日本語歌詞:田久保真見、編曲:森俊之
    オリジナルアーティスト:スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ
  4. Hello winter〜Do space men pass dead souls on their way to the moon?
    オリジナルアーティスト:アート・ガーファンクル
    Hello winter
    作詞:並河祥太、作曲:不詳、編曲:大森俊之
    Do space men pass dead souls on their way to the moon?
    作詞:リンダ・グロスマン、作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、編曲:大森俊之
  5. つめたい部屋の世界地図
    作詞・作曲:井上陽水、編曲:大森俊之
    オリジナルアーティスト:井上陽水
  6. ウェンディーの瞳
    作詞:並河祥太、作曲:松本俊明、編曲:鳥山雄司
  7. めぐり逢い
    作詞:並河祥太、作曲:アンドレ・ギャニオン、編曲:大森俊之
  8. どこかにあるよ
    作詞:並河祥太、作曲:山崎将義、編曲:松浦晃久
  9. シャンプー
    作詞:康珍化、作曲:山下達郎、編曲:森俊之
    オリジナルアーティスト:アン・ルイス
  10. Snowscape
    作詞:並河祥太、作曲:アンドレ・ギャニオン、編曲:大森俊之
  11. Fly me to the moon 〜Night In Indigo Blue Version〜
    作詞・作曲:バート・ハワード、編曲:大森俊之
    オリジナルアーティスト:ケイ・バラード

脚注[編集]

  1. ^ a b この作品の帯より。
  2. ^ この楽曲のオリジナルアーティストはアン・ルイスだが、このアルバムの帯では「山下達郎のシャンプー」と紹介されている。