シネマの天使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シネマの天使
監督 時川英之
脚本 時川英之
製作 益田祐美子
尹美亜
製作総指揮 福岡愼二
出演者 藤原令子
本郷奏多
ミッキー・カーチス
石田えり
阿藤快
岡崎二朗
安井順平
及川奈央
小林克也
横山雄二
那波隆史
佳村さちか
西田篤史
國武綾
高尾六平
末武太
音楽 佐藤礼央
撮影 今井俊之
編集 時川英之
制作会社 タイムリバーピクチャーズ
製作会社 シネマの天使製作委員会
配給 東京テアトル
公開 日本の旗2015年11月7日公開
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

シネマの天使』(しねまのてんし)は、2015年11月7日公開の日本映画

概要[編集]

1892年に芝居小屋としてスタートしてから多くの名作を上映してきた、広島県福山市老舗映画館シネフク大黒座の閉館にまつわるストーリを、実話を織り交ぜつつ、取り壊し間際の実際の大黒座を使って撮影。 スタッフや観客、大黒座を取り巻く様々な思いが交錯する様子を、閉館までのドラマとして描く。
主演は、本作が映画初主演となる藤原令子本郷奏多[1]。 本作と同じく、広島を舞台にした「ラジオの恋」で劇映画に進出した時川英之がメガホンを取った。
広島県内では、10月31日より先行公開された。
また、上映中の11月14日に阿藤快が急逝。彼の遺作となった。

ストーリー[編集]

1892年に開館し、長きに渡り広島県福山市の地で親しまれてきた、老舗映画館の大黒座が閉館することになった。
大黒座で働き始めたばかりの新入社員・明日香はある夜、館内で謎の老人に出会う。老人は奇妙な言葉を残して、忽然と姿を消す。
いつか自分の映画を作りたいと夢見ているバーテンダーのアキラをはじめとする閉館反対の人々、そんな人たちをなだめる支配人、館内の壁にメッセージを書く観客たち、様々な大黒座を愛する人たちの思いが溢れ出すなかで、大黒座はついに最終日を迎える。
長い歳月の間、人々に愛されてきた映画館で、それぞれの脳裏に浮かび上がる思い出。 スクリーンに最後の映画が映し出された時、あの謎の老人が再び現れる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

DVD[編集]

2016年6月8日発売。
特典映像を加えたメモリアル・エディション[9]と、本編のみ収録したスタンダード・エディション[10]の2種類を発売。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「シネマの天使」完成記念、本郷奏多が広島県民のために苦手な和菓子を克服”. ナタリー (ナターシャ). (2015年10月13日). http://natalie.mu/eiga/news/162713 2015年10月20日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p シネマの天使 キャスト&スタッフ”. 映画「シネマの天使」公式サイト. 2015年10月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h シネマの天使 キャスト&スタッフ”. allcinema. 2015年10月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o シネマの天使 キャスト”. 映画.com. 2015年10月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o シネマの天使 キャスト”. MovieWalker. 2015年10月20日閲覧。
  6. ^ a b c シネマの天使 キャスト&スタッフ”. allcinema. 2015年10月20日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n シネマの天使 スタッフ”. 映画.com. 2015年10月20日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n シネマの天使 スタッフ”. MovieWalker. 2015年10月20日閲覧。
  9. ^ 邦画 シネマの天使 メモリアル・エディション TCED-3035”. 価格.com. 2016年3月15日閲覧。
  10. ^ 邦画 シネマの天使 スタンダード・エディション TCED-3036”. 価格.com. 2016年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]