山通村 (新潟県古志郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山通村
廃止日 1948年7月1日
廃止理由 分割編入
山通村 → 長岡市、宮内町
現在の自治体 長岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
古志郡
総人口 2,028
(臨時国勢調査、1947年10月1日)
隣接自治体 栖吉村、宮内町、長岡市
山通村役場
所在地 新潟県古志郡山通村大字柿[1][2]
 表示 ウィキプロジェクト

山通村(やまどおりむら)は、かつて新潟県古志郡にあった

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い古志郡高畑村、長倉村、鉢伏村、大町村、柿村、山沢村、青木村、町田村が合併し、山通村が発足。村役場は旧高畑村に設置[3]
  • 1944年昭和19年)から 1947年(昭和22年)の間に、村役場を大字高畑[4]より大字柿[1]へ移転。
  • 1948年昭和23年)7月1日 - 村域が二分割され、次のとおり隣接自治体に編入し消滅。
    • 大字長倉・鉢伏・大町・高畑・柿 → 長岡市に編入
    • 大字青木・町田 → 古志郡宮内町に編入

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。
  • 『全國市町村便攬 昭和二十三年度版』 日本観光、1947年
  • 『全國市町村便攬 六版』 全國教育圖書、1949年9月5日
  • 『新潟県市町村区域及改称市町村名一覧表』 関井常弥、1889年3月25日
  • 『新潟県年鑑(昭和二十年版)』 新潟日報社、1944年12月31日

関連項目[編集]