小出駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小出駅
駅舎(2011年9月23日)
駅舎(2011年9月23日)
こいで
Koide
所在地 新潟県魚沼市四日町1315
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 コテ
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
868人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)9月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 上越線
キロ程 132.2km(高崎起点)
八色 (5.2km)
(2.5km) 越後堀之内
所属路線 只見線
キロ程 135.2km(会津若松起点)
藪神 (3.6km)
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

小出駅(こいでえき)は、新潟県魚沼市にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

概要[編集]

当駅は魚沼市の中心部に位置する(旧)小出町の川沿いに所在し、同市の中心駅である。駅舎の裏手には魚野川が流れており、同市の市街地である商店街には橋で結ばれている。

乗り入れ路線[編集]

上越線只見線の2路線が乗り入れており[1]、このうち上越線を所属線としている[2]。なお、只見線は当駅が終点である。

以前は只見線の列車が上越線経由で浦佐駅まで乗り入れていたこともあったが、現在は行われていない。

(乗り入れていた期間については、只見線#冬季運休急行「奥只見」を参照されたい)

歴史[編集]

駅構造[編集]

当駅の入口には当地出身のハリウッド俳優、渡辺謙が書いた駅表示が設置されている。駅前より南越後観光バスの路線バスに連絡する[1]

当駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線、計3面5線のホームを有する地上駅であり、各ホームは跨線橋で連絡している。

越後湯沢駅が統括管理する業務委託駅で、ジェイアール新潟ビジネス(JNB)が駅業務を受託している。駅舎内にはみどりの窓口[1](営業時間 7:00 - 17:00[1])・タッチパネル式自動券売機・屋内待合室(改札内外)・自動販売機・化粧室(改札内のみ)などがある。

旧駅舎時代は売店(キオスク)や立ち食い蕎麦店が存在し、駅弁も取り扱っていた。

夜間滞泊が4月 - 11月が1本・12月 - 3月が2本設定されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 上越線 下り 長岡新潟方面
2 (臨時ホーム)
3 上り 浦佐越後湯沢水上方面
4・5 只見線 - 大白川只見会津若松方面

ギャラリー[編集]

利用状況[編集]

  • 2017年度の1日平均乗車人員は868人。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 1,316
2001 1,250
2002 1,211
2003 1,160
2004 1,039
2005 1,010
2006 994
2007 965
2008 936
2009 922
2010 936
2011 883
2012 887
2013 947
2014 936
2015 940
2016 894
2017 868

駅周辺[編集]

魚沼市の代表駅となっている。

小出・湯之谷地区の中心部は、駅舎裏手を流れる魚野川を挟んだ東側。新潟県道47号小出停車場線・小出橋により連絡している。また駅から徒歩5分の場所に市営小出スキー場(小出公園)がある。

駅前[編集]

駅前にはバスのりばのほか、公園やスキー場がある。

市街地[編集]

魚野川対岸の市街地には、市役所(旧:小出町役場)のほか教育機関や商店街などが多く所在する。

観光スポット[編集]

当駅から路線バスでアクセスできる観光スポットとして、湯之谷温泉郷がある。

路線バス[編集]

当駅周辺を含む南越後観光バスの路線図

越後交通グループの南越後観光バスが運行する路線バス、および魚沼市のコミュニティバスが当駅前を発着、または周辺を経由する。前者の主要路線には英字2文字の路線記号を付与したが、これは停留所にのみ掲載され、バス車体には表示されないため要注意である。

駅前発着[編集]

  • MK 小出=浦佐=六日町 線[8]
  • UH 小出=上条=貫木・穴沢 線[8]
  • UA 小出=下倉=広瀬駅角=小平尾=白椛 線[8]
  • UU 小出=干溝=虫野=荒金=浦佐 線[8]
  • UT 小出=大湯温泉=栃尾又温泉 線[8]
  • UG 小出=大湯=枝折峠=銀山平 線(枝折峠経由) ※季節運行[8]
  • 小出駅前=小出高校 線[8]

いずれもロータリー内の「小出駅前」停留所(MK48、UH01、UA02、UU01、UT02、UG01)を発着する。

  • 小出まちなか循環線(コミュニティバス)[9]

その他路線[編集]

  • UK 小出=川口=小千谷 線[8]
    当駅から魚野川を渡り徒歩5分ほどの中心市街地に位置する「本町」(UK04)が最寄りバス停となる。

このほか、広い範囲で予約型乗合タクシーが設定されている[9]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
上越線
八色駅 - 小出駅 - 越後堀之内駅
只見線
藪神駅 - 小出駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 駅の情報(小出駅):JR東日本” (日本語). www.jreast.co.jp. 2018年9月10日閲覧。
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  3. ^ 奥会津五町村活性化協議会. “只見線の歴史”. 歳時記の郷 奥会津. http://www.okuaizu.net/yurutetsucp/yurutetsu-tadamisen/tadamisen-history/ 2018年9月10日閲覧。 
  4. ^ 国鉄監修『交通公社の時刻表』1974年6月号
  5. ^ 新潟日報 昭和53年12月28日13面
  6. ^ 小出駅が新しく生まれ変わります。 (PDF)
  7. ^ “JR新潟支社 小出駅新駅舎の使用を開始”. 交通新聞. (2011年9月1日) 
  8. ^ a b c d e f g h 南越後観光バス - 2018年11月10日閲覧。
  9. ^ a b 乗合タクシー時刻表 - 魚沼市.2018年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]