津久田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津久田駅
構内の跨線橋から敷島方面を南望
構内の跨線橋から敷島方面を南望
つくだ
Tsukuda
敷島 (3.0km)
(5.8km) 岩本
所在地 群馬県渋川市赤城町津久田2854-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 上越線
キロ程 30.5km(高崎起点)
電報略号 ツク←ツクタ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
40人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1948年昭和23年)1月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

津久田駅(つくだえき)は、群馬県渋川市赤城町津久田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)上越線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

築堤上に相対式ホーム2面2線を有する地上駅。2つのホームは構内岩本寄りにある一本の跨線橋により結ばれている。ホームは嵩上げされておらず、電車とホームの間の段差が大きくなっている。

各ホームに待合所が1棟ずつ設置されているが、駅舎はすでに撤去されており、渋川駅管理の無人駅となっている。簡易Suica改札機設置。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
東側 上越線 上り 渋川高崎方面
西側 下り 水上長岡方面

※案内上の番線番号は設定されていない。

利用状況[編集]

群馬県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
2002年 86
2003年 85
2004年 88
2005年 77
2006年 70
2007年 50
2008年 50
2009年 48
2010年 43
2011年 40

駅周辺[編集]

当駅は、「狩の野」という小さな集落に位置している[1]。駅の南約400メートルのところで、赤城山山頂の大沼に端を発する沼尾川が利根川へと注いでおり、沼尾川親水公園がある。

当駅を起点とする道路としては群馬県道151号津久田停車場前橋線がある。しかし、道路環境が険しいため、幹線道路としては機能していない。

利根川を挟んで対岸には国道17号が走り、渋川市立上白井小学校跡、群馬用水赤榛分水工、ビオエナジー上白井太陽光発電所(2,200キロワット)、コンビニエンスストアファミリーマート 渋川上白井店」、もつ煮料理で知られる「永井食堂」などがあるが、橋は架かっていない[2]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
上越線
敷島駅 - 津久田駅 - 岩本駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 地理院地図”. 国土地理院. 2016年11月3日閲覧。
  2. ^ Google マップ 津久田駅”. Google. 2016年11月3日閲覧。