岩原スキー場前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩原スキー場前駅
駅舎(2017年9月)
駅舎(2017年9月)
いわっぱらすきーじょうまえ*
Iwappara Skiing Ground**
越後中里 (3.7km)
(3.1km) 越後湯沢
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 上越線
キロ程 91.1km(高崎起点)
電報略号 スキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1933年昭和8年)12月8日***
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 開業時から1956年までは「いわはらすきーじょうまえ」で呼称。
**かつてはIwappara-skijōmaeとも表記。
*** 1946年 - 1952年の間は一時廃止。
テンプレートを表示
長岡方面ホームへの入り口(2005年10月)

岩原スキー場前駅(いわっぱらスキーじょうまええき)は、新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)上越線である。

年表[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎のある北側から見てホーム、線路、ホーム、線路の順に並ぶ配置となっており、のりばは北側が高崎方面、南側が長岡方面である。2つのホームを連絡する通路は構内にはない。高崎方面のホームには駅舎から出入りするが、長岡方面のホームへは地下通路から出入りする。地下通路の出入り口は、駅舎の近くの駅構外にある。

臨時駅として冬季のみ開設されていたが、駅近くの新潟県立六日町高等学校湯沢分校が独立して新潟県立湯沢高等学校(2008年に廃校)ができたことから、1981年昭和56年)9月1日から通年停車駅となった。

越後湯沢駅管理の無人駅。駅舎内には窓口があるが閉鎖されており、その傍らに簡易自動券売機が設置されている。昭和末期まで冬季のみ駅員が配置され、乗車券を発売していた。少なくとも1974年(昭和49年)の冬季までは長距離乗車券や急行券、入場券を発売していたが、昭和50年代初めの冬季からは近距離乗車券の発売のみとなっていた。

ホームは大きくカーブしている。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 上越線 上り 越後中里水上方面
反対側 下り 長岡方面

※案内上の番線番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

当駅から北に徒歩4分ほどの所に岩原観光協会の観光案内所が位置し、周辺一帯には宿泊施設が所在する[注 1]。また、駅前には大型のマンションが所在する。このほか、周辺には桜の名所が点在する[注 1]

路線バス[編集]

当駅周辺を含む南越後観光バスの路線図

越後交通グループ南越後観光バスが運行する路線バスが当駅周辺を経由する。

  • YD 湯沢=湯沢学園=小坂=谷後=旭原=大源太 線[3]
  • YT 湯沢 = 湯沢学園 = 中里 = 土樽 = 蓬橋 線[3]
    2路線とも「岩原入口」(YD11、YT09)が最寄りバス停となるが、駅前の県道同士の交差点に対して前者は北側、後者は西側にバス停が位置する。いずれも当駅から徒歩3~4分。

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
上越線
越後中里駅 - 岩原スキー場前駅 - 越後湯沢駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b #当駅周辺の地図参照(2018年11月11日閲覧)。

出典[編集]

  1. ^ 越後湯沢の川遊びスポット:鱒(ます)どまりのご紹介 - 越後プラス.2018年11月11日閲覧。
  2. ^ アクセス - 岩原スキー場.2018年11月11日閲覧。
  3. ^ a b 南越後観光バス - 2018年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

当駅周辺の地図[編集]