新潟県立小出高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新潟県立小出高等学校
校章
学校表示
校舎
過去の名称 新潟県立小千谷高等学校・小出分校
新潟県 小出町立小出高等学校
新潟県 組合立小出高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 新潟県
併合学校 新潟県立小千谷高等学校・小出分校
校訓 進取
誠実
自主
責任
設立年月日 1948年6月2日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(6学級)
学期 3学期制
高校コード 15154J
所在地 946-0043
新潟県魚沼市青島810-4
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
新潟県立小出高等学校の位置(新潟県内)
新潟県立小出高等学校

新潟県立小出高等学校(にいがたけんりつ こいでこうとうがっこう、英称Niigata Prefectural Koide High School[1])は、新潟県魚沼市に所在する県立高等学校である。

概要[編集]

本校の起源は1948年に開校した小千谷高校小出分校設置に遡る。1952年に小出高校として独立した後、町立や組合立への数度の移管を経て、1959年に県立高校となる。

2018年に創立70周年を迎えた。

校章[編集]

制定:1953年(昭和28年[1]

制作:星 襄一(版画家・小出町出身[1]

意匠は雪華の形を表現している[1]

エンブレム[編集]

制服のエンブレム

制定:1994年(平成6年[1]

制作:小出高校 美術科 教諭、現:小出高校 美術科 非常勤講師[1]

学生服に代わり1994年度より改定された新制服のエンブレム用としてデザインされた[1]

学生服時代には金属製の校章バッヂが制定品に設定されていたが、ブレザーの導入にあたり廃止された[1]。(校章はブレザーのボタン部の意匠に採用[1]

意匠には小出地区の自然に囲まれた風景と生徒のイメージとを見立て、ライトブルーとグリーンの2色を採用し、楯の中心部には校名の頭文字「K」を配置し、山や川のほか水田や太陽、さらには雪景色をデザインに取り入れている[1]

設置課程[編集]

  • 全日制課程
    • 普通科(4学級)

廃止された設置課程[編集]

  • 全日制課程
    • 商業科(募集停止:1973年度・廃止:1975年度)
  • 定時制課程
    • 普通科(募集停止:2004年度・廃止:2007年度)

沿革[編集]

  • 1948年6月2日 - 新潟県立小千谷高等学校・小出分校(定時制昼間部)として開校・創立する。所在地は新潟県 小出町 大字 小出島241番地。
  • 1952年3月31日 - 新潟県小出町立小出高等学校として独立する。
  • 1952年9月1日 - 校歌が制定される。
  • 1953年 - 校章が制定される。
  • 1955年1月18日 - 学校組合へ移管され、新潟県組合立小出高等学校へ改称する。
  • 1955年4月1日 - 全日制の普通科を開設し、定時制の昼間部の募集を停止する。
  • 1958年7月3日 - 体育館が竣工する。
  • 1959年 - 県へ移管され、新潟県立小出高等学校へ改称する。
  • 1961年4月11日 - 第2棟:特別教室が竣工する。
  • 1964年11月17日 - 第3棟:校舎が竣工する。
  • 1967年11月30日 - 創立20周年記念式典が挙行され、創立20周年記念誌が刊行される。
  • 1971年5月31日 - 第2体育館が竣工する。
  • 1971年12月9日 - プールが竣工する。
  • 1973年4月1日 - 全日制の商業科の募集を停止する。
  • 1975年 - 商業科を閉科し、堀之内高等学校に商業科を移管する。
  • 1981年7月15日 - 青島地内に新校舎の建設を着工する。
  • 1982年7月15日 - 現在の校舎が竣工する。
  • 1983年2月18日 - 体育館が竣工する。
  • 1983年7月23日 - 魚野川の改修により、現在地に移転する。所在地は小出町大字青島810番地4号。
  • 1983年10月29日 - 新校舎竣工式典および創立35周年記念式典を挙行し、記念誌「あゆみ」が刊行される。
  • 1984年2月20日 - 小体育館が竣工する。
  • 1987年5月2日 - プールが竣工し、記念式典が挙行される。
  • 1989年5月6日 - セミナーハウス「水明館」開館。
  • 1994年4月1日 - 今年度入学生より緑を基調としたブレザータイプの制服に改訂する。(現行)
  • 1998年10月31日 - 創立50周年記念式典を挙行する(於:小出郷文化会館)。創立記念事業誌「明日~TOMORROW」を刊行し、記念事業の一環で運動部室を竣工する。
  • 2004年4月1日 - 定時制課程の募集を停止する。
  • 2007年3月31日 - 定時制を閉課する。
  • 2008年 - 創立60周年を迎える。
  • 2011年4月6日 - 全日制課程:普通科・5学級入学
  • 2018年10月27日 - 創立70周年を迎える。

学校行事[編集]

  • 4月 - 入学式
  • 5月 - 中間考査
  • 6月 - 体育祭
  • 7月 - 期末考査・クラスマッチ・夏季補習
  • 8月 - 始業式・夏季補習
  • 9月 -
  • 10月 - 文化祭・2年修学旅行沖縄県方面)・中間考査・マラソン大会
  • 11月 - 期末考査
  • 12月 - 期末考査・クラスマッチ
  • 1月 - センター試験・学年末考査(3年)
  • 2月 - 推薦入試・国立大学2次試験
  • 3月 - 学年末考査(1・2年)・卒業式・一般入試

部活動[編集]

運動部[編集]

インターハイ常連、新潟国体強化指定。スキー場が近く競技環境に恵まれている。
全国高校スキー大会において、1980年(第29回)、2008年(第57回)、2012年(第62回)の学校対抗女子で優勝経験がある。
北信越大会・インターハイ常連、新潟国体強化指定。
駅伝では全国高等学校駅伝競走大会へ男子は4度(1968年、1969年、1972年、1974年)の出場実績がある古豪で、1972年の同大会で浅井利雄が記録した5区((3.0km) 河原町寺町⇒烏丸紫明)の区間記録(8分22秒)は全区間で最も古く40年以上更新されていない。
2007年第89回全国高等学校野球選手権新潟大会では25年ぶりのベスト8。2008年第90回全国高等学校野球選手権新潟大会でも前年同様ベスト8入りを果たしている。

文化部[編集]

渡辺謙(俳優)、星野究(トランペット奏者)が所属した。
日本画家の早津剛が教員時代に顧問をつとめた。
  • 演劇
  • 福祉クラブ「つなゆだ」

著名な出身者[編集]

著名な教職員[編集]

交通・アクセス方法[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 新潟県立小出高等学校”. www.koide-h.nein.ed.jp. 2019年5月2日閲覧。
  2. ^ a b 小出駅 to 小出高等学校” (日本語). 小出駅 to 小出高等学校. 2019年5月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 公式ホームページ(沿革・校章・教育目標・具体的な教育目標)
  • 2017年度:生徒手帳(沿革)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]