長岡本町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながおかほんまち
長岡本町
廃止日 1901年11月1日
廃止理由 新設合併
長岡町、長岡本町千手町草生津町新町王内村長岡町
現在の自治体 長岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
古志郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 草生津町、新町、長岡町、千手町
長岡本町役場
所在地 新潟県古志郡長岡本町
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

長岡本町(ながおかほんまち)は、かつて新潟県古志郡にあった

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い旧長岡城下武家屋敷地の古志郡長岡坂ノ上町、長岡観光院町、長岡王蔵院町、長岡殿町、長岡弓町、長岡台所町、長岡今朝白町、長岡袋町、長岡稽古町、長岡長町、長岡西神田町、長岡間野道町、長岡千手町、長岡荒屋敷町、長岡中千手町、長岡東神田町、長岡南千手町、長岡長柄町が合併し、長岡本町が発足。
  • 1901年(明治34年)11月1日 - 古志郡長岡町、千手町、草生津町、新町、王内村と合併し、長岡町を新設して消滅。

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]