稲村隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲村 隆一(いなむら りゅういち、1898年3月7日 - 1990年11月20日)は、日本農民運動家政治家・元衆議院議員。政治家・稲村順三は弟、稲村稔夫は甥。

来歴・人物[編集]

北海道虻田郡喜茂別町に生まれる。1918年北海中学校旧制)、1923年早稲田大学政治経済学部卒業。早稲田大学在学中から建設者同盟に参加、その後農民運動に入った。その間日本共産党に入党し、1926年労働農民党に入る。1928年三・一五事件で検挙された。その後、社会大衆党に移り、1937年に新潟県日本農民連盟を結成し、皇国農民連盟と連携を図った。1940年東方会石原莞爾東亜連盟運動にも参加。戦後、日本社会党に入ったが、公職追放を受ける。1955年、弟・順三の死を受けて第27回衆議院議員総選挙に旧新潟3区から補充立候補し、弔い選挙で当選。1958年第28回総選挙で落選するも、1960年第29回総選挙から3連続で当選。1969年まで日本社会党所属の衆議院議員を務めた(通算4期)。社会党左派として陣を張り、党中央執行委員や北海道開発特別委員会委員長なども務めた。その間も、中越共同印刷社長日ソ親善協会理事長などを歴任し、1976年印刷センター社長に就任した。

1970年勲二等瑞宝章を受章するも、1978年笹川良一日本船舶振興会会長)の勲一等瑞宝章受章に抗議するため返上した。

1990年11月20日死去。享年92。

エピソード[編集]

主要著書[編集]

  • 『農民運動の経済的並に政治的基礎』(二松堂書店1927年
  • 『日本に於ける農業恐慌』(稲村順三と共著、白揚社1931年
  • 『日本農村社会史』(日本農村社会史刊行会、1969年

など、特に農村問題に関する書籍が多数ある

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ編『政治家人名事典』(紀伊国屋書店、1990年)
  • 北海道21世紀タイムス編『北海学園120年の群像』(北海道21世紀タイムス、2005年)

関連項目[編集]