地方行政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地方行政(ちほうぎょうせい)は、国家の方針に従いつつ、各地方地域に適用した政策住民へのサービス、問題の解決や対応などを行政が主体的になって行うことである。地域行政とも呼ばれている。

対義とする言葉としては「中央行政」や「中央省庁」などがある。

概説[編集]

地方議会が決定した政策の実施、行政サービスを提供し、負担を徴収する過程または機能を「地方の行政」と呼んでいる。

自治体議会政策学会会長の竹下譲は、「地方自治」というからには自治体が独自に決めたものでなければならず、中央省庁法令で決めた政策の執行を「地方行政」だと言っている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]