石原燃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石原いしはら ねん
誕生 津島 香以(つしま かい)[1]
1972年(48 - 49歳)
日本の旗 日本東京都文京区
職業 劇作家小説家
言語 日本語
最終学歴 武蔵野美術大学建築学科卒業
デビュー作 「赤い砂を蹴る」
親族 津島佑子(母)
太宰治(祖父)
テンプレートを表示

石原 燃(いしはら ねん、1972年[2] - )は、日本の劇作家東京都文京区出身[2]大阪府在住[3]。本名、津島香以(つしま かい)[4]。演劇ユニット「燈座(あかりざ)」主宰。

母は小説家津島佑子、祖父は小説家太宰治。祖母津島美知子の旧姓である石原をペンネームに用いている。

来歴[編集]

武蔵野美術大学建築学科卒業[3]。2007年、劇団劇作家に所属。2009年より劇作家として活動し、2010年に「フォルモサ!」で劇団大阪創立40周年の戯曲賞の大賞、2013年に「父を葬る」で第24回テアトロ新人戯曲賞佳作を受賞[2]

2020年、「文學界」に発表した小説デビュー作「赤い砂を蹴る」が第163回芥川賞候補作としてノミネートされた[5]

家族・親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]