若林義孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若林 義孝(わかばやし よしたか、1900年明治33年)5月[1] - 1981年昭和56年)5月17日[1])は、昭和時代の政治家衆議院議員(2期)。福井県敦賀市長、大阪府箕面市長。

経歴・人物[編集]

三重県上野市にて生まれる[1]1927年(昭和2年)京都帝国大学法学部を卒業し、同大学生監事務嘱託を経て、国民同志会に入る[2]。同会では理事に進み、長らく国民の政治教育に傾倒した[2]。のち、学士会倶楽部大阪支部書記長を経て、1938年(昭和13年)12月12日に前福井県敦賀市長の森本一雄が逝去すると、同職を後任した[2]

ついで、日本人造皮革工業連合会長、黒住教顧問などを歴任[1]1946年(昭和21年)第22回衆議院議員総選挙岡山全県区に自由党から当選するなど計2回当選する[1]。さらに、1956年(昭和31年)から1965年(昭和40年)まで大阪府箕面市長を務めた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 新訂 政治家人名事典 明治~昭和(日外アソシエーツ)『若林 義孝』 - コトバンク
  2. ^ a b c 帝国自治協会 1938, 99頁.

参考文献[編集]