山田太郎 (衆議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 太郎(やまだ たろう、1918年3月24日[1] - 2002年12月23日)は、日本の政治家、公明党衆議院議員(6期)[2][3]。岡山市出身[2]

経歴[編集]

1941年慶應義塾大学文学部を卒業[4]1967年第31回衆議院議員総選挙で当時の中選挙区であった岡山県第1区で、党結成後初めての総選挙に公明党から出馬して初当選し[5]、以降、1980年第36回衆議院議員総選挙まで連続6回の当選を果たした[3]。この間、1972年には政策審議会文教部会長[6]1981年には中央統制委員[7]など、党内の要職を歴任した。

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1307頁。
  2. ^ a b 共同通信 (2002年12月23日). “山田太郎氏死去 元公明党衆院議員”. 全国新聞ネット. 2014年10月21日閲覧。
  3. ^ a b 山田太郎”. 国会議員白書. 2014年10月21日閲覧。
  4. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』685頁。
  5. ^ 谷合正明 (2007年11月17日). “岡山県本部の代表代行に”. 2014年10月21日閲覧。
  6. ^ “政治短信 来月に中央委総会”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 2. (1972年2月5日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ 法政大学大原社会問題研究所 『日本労働年鑑 第52集 1982年版』 労働旬報社、1981年11月30日日本労働年鑑 第52集 1982年版 第二部 労働運動 XIV 政党 4 公明党”. 法政大学大原社会問題研究所 (2001年9月18日). 2014年10月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。