宮原二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮原二郎

宮原 二郎(みやはら じろう、1858年8月15日安政5年7月7日) - 1918年1月15日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍機関中将男爵工学博士、宮原式水管缶の発明者。

経歴[編集]

宮原成叔の長男として生まれ、幕臣宮原木石の養子となる。静岡学問所を経て、1872年海軍兵学寮予科に入学。その後、イギリスに留学し、グリニッチ海軍大学校3年課程で学んだ。1883年3月、中機関士任官。主船局機関課、イギリス駐在、艦政局機関課長、兼東京帝国大学工科大学教授、横須賀鎮守府造船部計画科長、造船造兵監督官(イギリス出張)などを歴任し、1896年4月、造船大監に進級。

海軍省軍務局造船課課僚などを経て、1900年5月、機関総監に進級。艦政本部第4部長を勤め、1906年11月、海軍機関中将となり、1909年8月、予備役に編入された。のち、貴族院議員となる。

1899年3月、工学博士号を取得。1907年9月、男爵の爵位を授爵し華族となる。

栄典[編集]

親族[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  2. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  3. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  4. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  5. ^ 『官報』第7874号「叙任及辞令」1909年9月21日
  6. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、704頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
宮原(二郎)家初代
1907年 - 1918年
次代:
宮原旭