中央政策研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一般社団法人中央政策研究所(ちゅうおうせいさくけんきゅうじょ)とは、「日本国における政治、経済、社会に関する政策の樹立の基礎となる諸般の問題の基本的かつ総合的な調査研究を行い、その成果を発表普及し、国家の発展と国民の福祉の向上に寄与すること」を目的として、昭和38年6月に設立された社団法人である。

概要[編集]

「世界は小さくなりつつある。世界の姿は急激に変化しつつある。その中の日本はいかにあるべきか。われわれはその針路を定めなければならない。」との設立趣意の下、政治、経済、文化、教育など各界の有識者を含めプロジェクトチームを組み活動を行っている。 近年では、二重構造や格差の問題、あるいは中小企業や漁村問題等を中心とした講演活動や調査・研究、政策提言等を行っている。 公害被害者を役員に迎え公害問題に取り組んだかは未確認である。

組織[編集]

  • 最高顧問 海部俊樹(第76・77代内閣総理大臣)
  • 理事長 棚橋祐治(石油資源開発株式会社・会長)
  • 常任理事 荻野明巳(元内閣総理大臣三木武夫・秘書官)
  • 理事 安樂兼光(株式会社みずほフィナンシャルグループ・取締役)
  • 理事 石川洋(鹿島建設株式会社取締役・専務執行役員)
  • 理事 岩崎浩一郎(株式会社いいずな書店・取締役)
  • 理事 折田正樹(財団法人世界政経調査会国際情勢研究所・所長)
  • 理事 北勝(北勝総研株式会社・代表取締役)
  • 理事 豊田達郎(トヨタ自動車株式会社・相談役)
  • 理事 松田学(横浜市立大学客員教授)
  • 理事 佐々木昭雄(社団法人中央政策研究所・事務局長)
  • 監事 岩野美代冶
  • 監事 渕上貫之(弁護士)
  • 名古屋支部長 後藤健太郎(株式会社AK総研・代表取締役)

所在地[編集]

  • 本部 東京都千代田区永田町2-9-8-901
  • 名古屋支部 名古屋市中区丸の内2-19-25-9F

研究調査活動[編集]

  • 先端研究調査支援プロジェクト
  • 水辺づくり活力・再生プロジェクト
  • ペアレントコーチ・プロジェクト
  • 美と健康資格制度・プロジェクト
  • アニマルズ119・プロジェクト
  • 安心の医療制度研究プロジェクト
  • 海外交流促進プロジェクト

外部リンク[編集]