團紀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
だん のりひこ
團 紀彦
生誕 (1956-02-11) 1956年2月11日(61歳)
日本の旗 日本 神奈川県
出身校 東京大学
職業 建築家
子供 團遥香(タレント)
團伊玖磨(父、作曲家)
親戚 團琢磨(曾祖父、実業家)
上野季三郎(曾祖父、官僚)
團伊能(祖父、実業家)
團勝磨(大叔父、生物学者)
團名保紀(兄、美術史家)

團 紀彦(だん のりひこ、1956年2月11日 - )は、日本建築家である。日本建築学会賞業績賞、吉岡賞JIA新人賞などを受賞している。

人物[編集]

建築設計活動のかたわら、土木と建築の融合や新町屋論など建築と環境の関係性の改善に関する主導的な提言を行っている。

台湾桃園国際空港及び日月潭における国際コンペで一等を獲得、国内では日本橋室町東地区開発のマスターアーキテクトに指名されるなど国内外のプロジェクトの活動とともに、“ユニヴァーサルフォーム論”や“多元的世界と建築”等の造形論に関する論文でも国際的に注目される。2011年完成した日月潭「向山ビジターセンター」は台湾国内で高く評価され、日月潭の人気観光スポットともなった上、同年の「台湾建築賞」(日本の建築学会賞と相当する)として入賞された。

愛知万博の計画では初期の会場構想にかかわり、海上の森の保全をめぐっては環境保全を重視して新住事業など旧来の開発手法を厳しく批判した。この論争では後に長野県知事となる作家・田中康夫から取材を受けたのが縁で、同県で制定された「マスターアーキテクト」に指名されることとなった。

経歴[編集]

1956年昭和31年)、作曲家・團伊玖磨の次男として[1]、神奈川県葉山町に生まれた。

神奈川県立湘南高等学校を経て、東京大学工学部卒業、さらに同大学院で学び、建築家・槇文彦に師事した。その後はイエール大学大学院に留学し、帰国後に建築設計事務所を設立した。

主な作品[編集]

家族[編集]

曾祖父は三井合名理事長で血盟団事件で暗殺された團琢磨[1]。祖父は参議院議員團伊能[1]。祖母は宮内省大膳頭を務めた上野季三郎の五女・美智子[3][4]。大叔父は生物学者の團勝磨[1]。兄は群馬大学教育学部美術専攻教授の團名保紀[1]。娘はタレント團遥香[5]

大伯母・英子[脚注 1]服部金太郎の長男で服部時計店の2代目社長を務めた服部玄三に[3]、同じく大伯母・冨美子[脚注 2]加藤高明の次男で東明火災海上保険(現・日新火災海上保険)の取締役を務めた加藤厚太郎[3][6][7][8]、同じく大伯母・米子[脚注 3]佐々木高行の孫で元神宮大宮司佐々木行忠に嫁ぎ[3][9]、叔母・朗子[脚注 4]ブリヂストンの社長を務めた石橋幹一郎に嫁いだため[10]、團家はセイコーの創業者一族・服部家や三菱財閥の創業者一族・岩崎家及び住友財閥の創業者一族・住友家の親戚となる一方[脚注 5][3]、ブリヂストン創業者の石橋正二郎や元内閣総理大臣鳩山一郎鳩山由紀夫とも遠縁の親戚になった[3][10][11]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山由紀夫
 
鳩山紀一郎
 
 
 
鳩山和夫
 
鳩山一郎
 
鳩山威一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部金太郎
 
服部玄三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英子
 
 
安子
 
 
 
 
 
 
 
鳩山太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加藤厚太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エミリ
 
 
 
 
 
 
 
上野季三郎
 
 
石橋正二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
華子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
J・K・ベアード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木行忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
理沙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
米子
 
 
石橋幹一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋寛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美智子
 
 
朗子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團名保紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團伊能
 
 
團伊玖磨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團紀彦
 
遥香
 
 
 
 
 
 
 
スミ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知恵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團琢磨
 
 
小倉房蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小倉重勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳子
 
 
めい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
齊藤了英
 
齊藤公紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧田環
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團勝磨
 
まりな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著書[編集]

  • 「都市の未来-21世紀型都市の条件」(日本経済新聞社)
  • 「東京論」(ガーデンシティ社)─ 編著
  • 小説「るにんせん」(新風舎) など。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英子は上野季三郎の次女で美智子の次姉にあたる。
  2. ^ 冨美子は上野季三郎の三女で美智子の三姉にあたる。
  3. ^ 米子は上野季三郎の四女で美智子の四姉にあたる。
  4. ^ 朗子は伊能・美智子夫妻の長女で伊玖磨の妹にあたる。
  5. ^ 加藤高明の妻すなわち加藤厚太郎の母は岩崎弥太郎の長女であり[7][8]、佐々木行忠・米子夫妻の長男・行美は住友友成の長女と結婚している[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 小谷野『日本の有名一族』、45-46頁。
  2. ^ 日本における最近の更生緊急保護の動向について宮沢浩一、慶應義塾大学法学研究会『法學研究』Vol.69, No.1 (1996. 1) ,p.11- 31
  3. ^ a b c d e f g 佐藤『門閥』、449-451頁。
  4. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、633頁。
  5. ^ 【来る年・来る娘】團遥香 - SANSPO.COM 2011年1月4日
  6. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、258頁。
  7. ^ a b 『大正人名辞典 III 上巻』、カ - 5頁。
  8. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』、26頁。
  9. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、427頁。
  10. ^ a b 佐藤『豪閥』、189-190頁。
  11. ^ 麿は磨ちがい団ちがい ~ 團家の人々 ~