鳩山エミリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳩山 エミリー(はとやま エミリー、1955年(昭和30年)2月11日[1] - )は、東京都出身のエッセイスト、元女優。旧名は高見エミリーたかみエミリー[1]

夫は自由民主党衆議院議員である鳩山邦夫総務大臣。次男の鳩山二郎自由民主党衆議院議員である。長女は歌手・イラストレーターの高見華子(高実華子)[1]

来歴・人物[編集]

母・高見貞子は広島県呉市出身で[2]旧制呉精華女学校(現在の清水ヶ丘高等学校)を卒業後、戦時中は女子挺身隊として呉海軍工廠で働いた[2]。戦後、GHQが当地を占領し、通訳をしていた弟からイギリス系オーストラリア人、ジェームス・K・ベアードを紹介された[2][3]。ベアードは呉で酒保(kantine)のマネージャーをしていた[2]。交際には両方の親から猛反対されたため、戦後一年たった1946年に二人は上京し、東京恵比寿で所帯を持った[2]。ベアードは戦後、米軍基地PX(post exchange)に品物を納める商社の日本駐在員として働いた[2]

東京で生まれたのが理沙とエミリーの姉妹で[2]、姉は東映に所属し、同じく1960年代半ばより映画やコマーシャルなどに高見リサ(マージョリー・ベアード)として活動した[1]

エミリーは母方の旧姓をとって高見エミリー、または英名のエミリー・ジェーン・ベアードの名で、1960年代半ばより少女漫画誌「少女フレンド」(講談社)の表紙モデルを務めた[3]。その後、1970年代初めまで女優として活動する。1972年には『青い森の日曜日』で歌手デビュー[3][1]

鳩山邦夫の従兄弟と姉の結婚式で鳩山から見初められ、17歳のときにプロポーズされる[4]。17歳で婚約し[5]、結婚後に芸能界を引退した[3][1]

リカちゃん人形との関わり[編集]

リカちゃん人形の香山リカがフランス人と日本人のハーフという設定は、発売当時にハーフの少女タレントの高見エミリーが人気だったことによる[6]。宣伝でも高見エミリーを使う予定があり、社内ではまだ名前が未定だったリカちゃん人形をエミリーと呼んでいたという[7]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 『食べるのが大好き』 2001年4月 ISBN 4062106973

レコード[編集]

  • 青い森の日曜日(EPIC

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 仮面ライダー怪人大画報 2016, pp. 194-195, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  2. ^ a b c d e f g 〔訪問者〕 毒蝮三太夫 「シリーズおふくろ 第112回 元女優・石橋理沙さん(24歳)、鳩山エミリーさん(19歳)姉妹の母 高見貞子さん(50歳)」『週刊平凡』、平凡出版、1974年3月28日号、pp. 130-135
  3. ^ a b c d OFM仮面ライダー4 2004, p. 22, 「特集 ライダーガールズグラフィティー 美しきヒロインたちの肖像」
  4. ^ 『平成日本のよふけ 人生の大先輩が熱く語る「日本の皆さんへ」 』フジテレビ出版、2000年、p.250。鳩山由紀夫インタビューより。
  5. ^ 「週刊文春『50周年記念』検定」『週刊文春』2009年3月26日号、pp.46、50
  6. ^ 『ひみつのアッコちゃんのコンパクトはなぜ… ボクが解決したサブカルチャー疑問集』p.56。
  7. ^ 『リカちゃん 生まれます』p.60。

参考文献[編集]

関連項目[編集]