川崎八右衛門 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2代目川崎 八右衛門(かわさき はちえもん、慶応2年(1866年4月5日 - 昭和22年(1947年))は、日本実業家初代川崎八右衛門、世舞子夫妻の三男。金三郎と命名される。川崎守之助の父。妻、幸子(こうこ)は、男爵郷誠之助の妹。東京川崎財閥第2代目当主。

来歴・人物[編集]

  • 1866年(慶応2年) 鹿島郡沼前村(現在の茨城町海老沢)に生まれる
  • 1884年(明治17年) 東京の中学卒業
  • 1885年(明治18年) レキシントン州立代大学に留学、経済学を専攻
  • 1893年(明治26年) 川崎銀行頭取に就任
  • 1902年(明治35年) 日本酒造火災を買収
  • 1905年(明治38年) 家督相続
  • 1906年(明治39年) 川崎定徳会を創設。会長に就任。
  • 日本火災(現在の日本興亜損害保険)を買収。川崎系日本火災となる
  • 1910年(明治43年) 日本火災会長に就任
  • 1913年(大正2年) 二代目八右衛門を襲名
  • 1927年(昭和2年) 川崎銀行、第百銀行を合併。
  • 川崎信託銀行(のちの日本信託銀行、現在の三菱UFJ信託銀行)を設立
  • 1937年(昭和12年) 川崎金融産業体の体制を整備、"金融財閥"と称される
  • 1947年(昭和22年) 病のため湯河原別邸で死去。享年83。
  • 墓地は、東京谷中天王寺にある

外部リンク[編集]