有馬寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有馬寛
Yutaka Arima.jpg
生誕 1885年2月14日
日本の旗 日本 和歌山県
死没 1951年1月31日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1905年 - 1934年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

有馬 寛(ありま ゆたか、1885年2月14日 - 1951年1月31日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

和歌山県出身。神野介寿の二男として生れ、有馬良橘の養子となる。東京府立第一中学校を経て、1905年11月、海軍兵学校33期)を卒業し、1906年12月に海軍少尉任官。海軍大学校(乙種)、海軍砲術学校高等科を卒業。「安芸」「摂津」の各分隊長、練習艦隊第2艦隊の各参謀などを経て、1916年11月、海軍大学校(甲種14期)を卒業。

以後、佐世保鎮守府参謀、ロシア駐在、兼ロシア大使館付武官補佐官軍令部兼参謀(ペテルブルクストックホルムオデッサパリ各駐在)、第2戦隊参謀、「春日」副長、横須賀鎮守府付、皇族(伏見宮博恭王)付武官、軍令部参謀(第3班第6課長)、「木曾」「古鷹」の各艦長舞鶴要港部参謀長、ソ連大使館付武官などを歴任し、1930年12月、海軍少将に進級。

さらに、海大教頭、佐世保海軍艦船部長などを経て、1934年11月に海軍中将となり軍令部出仕、翌月には待命となり予備役に編入された。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  2. ^ 『官報』第2404号「叙任及辞令」1935年1月10日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。