川崎肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 肇(かわさき はじめ、1884年11月11日 - 1948年)は、「駒沢育ち」を代表するゴルファーの一人。川崎銀行副頭取、川崎信託社長、東武鉄道取締役阪和鉄道取締役等を歴任した。

概要[編集]

川崎八右衛門の孫。妻は金子堅太郎の娘。東京高等商業学校(現一橋大学)卒業。ペンシルベニア大学卒業。川崎銀行副頭取、博多土居銀行頭取、博多銀行頭取、日本火災保険社長、日華生命保険社長、萬歳生命保険社長、川崎信託社長、日本橋ビルデイング代表取締役東武鉄道取締役阪和鉄道取締役等を務めた[1]。1923年関東大震災で妻を亡くす[2]。1943年日本火災保険を勇退[3]日本アマチュアゴルフ選手権競技で通算3勝(1919年、1924年、1925年)を遂げた実績を持つ[4]が、その後左目を事故により失明、それ以降思うように勝てぬまま急性心不全で亡くなった。

脚注[編集]


先代:
二代目川崎八右衛門
日本火災保険会長
第2代:1913年 - 1920年
次代:
(会長制廃止)
先代:
川崎東三郎
日華生命保険社長
第3代:1921年 - 1929年
次代:
川崎甲子男
先代:
藤田謙一
帝国火災保険社長
第4代:1929年 - 1936年
次代:
川崎甲子男