平倉直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平倉 直子(ひらくら なおこ、1950年5月27日 - )は、日本の建築家。 有限会社 平倉直子建築設計事務所主宰。日本女子大学住居学科(1989年~ )、名古屋工業大学(2007年~)非常勤講師。東京大学建築学科講師。東京都目黒区生まれ。

1973年 日本女子大学家政学部住居学科卒業。1978年 (有)平倉直子建築設計事務所創設、現在に至る。

1995年、警視庁目黒警察署三田交番(あかりの交番)で、目黒区景観賞受賞。 上信越高原国立公園 鹿沢園地自然学習歩道施設 森の小径と鹿沢インフォメーションセンターで、土木学会デザイン賞2009 受賞。 羽沢の住まいで、1988年東京建築賞。 富ヶ谷の住まい ~ウチとソトのうち、おおらかなサニタリー空間、 常盤台の住で、1998年新日本建築家協会新人賞。 都賀の住で、2001年千葉市景観賞。 その他に恵比寿四丁目交番(恵比寿ガーデンプレイス)、浜田山の住まい 、警視庁尾久警察署荒川遊園前派出所(バラの交番)、宇都宮カトリック教会(松が峰教会)、駒沢公園の住い改修工事1993年、など多数。

参考文献[編集]

『日経アーキテクチュア』 603号、(1998年2月9日)、日経BP社発行、『新建築』9502