服部時計店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旧服部時計店(東京都中央区銀座4丁目)。現在は株式会社和光の本店だが、今なおセイコーホールディングス株式会社の登記上の本店でもある。
明治期の服部時計店

服部時計店(はっとりとけいてん、K. Hattori)は、1881年12月に服部金太郎が創業した輸入時計宝飾品の販売店[1]。後に時計の製造卸売会社、精密機器電子部品電子機器メーカーとして発展する。

1917年に会社化され株式会社服部時計店(K. Hattori & Co., Ltd.)。株式会社服部セイコー(Hattori Seiko Co., Ltd. 1983年)、セイコー株式会社(Seiko Corporation 1997年)への改名を経て、2001年純粋持株会社となり、現在はセイコーホールディングス株式会社 (Seiko Holdings Corporation 2007年)。セイコーグループの源流企業。

また、戦前・戦中にはカメラの輸入代理店、国内メーカーの代理店、小売業者としても有力業者であり、当時創業した国内メーカーの多くが同店から創業資金を得ていた。例えば、現在でも光学ガラスメーカーのオハラ筆頭株主(セイコーホールディングスの子会社であるセイコーインスツルおよび京橋起業の持分を合わせると47%強)である。しかし、カメラの代理店業務、小売からは、戦後しばらくして撤退した。

銀座のシンボルとして[編集]

和光 (商業施設)#周辺も参照のこと。

旧服部時計店は銀座のシンボル的存在として多くの作品に登場している。1954年に公開された映画『ゴジラ』では、ゴジラが23時の鐘の音に激怒して服部時計店を破壊するという印象的な描写として登場する。またシリーズ22作『ゴジラvsデストロイア』にも第1作のオマージュとして再登場している。その他2006年の『日本沈没』でも地震で崩壊する姿が描かれ、2009年の『感染列島』では、荒廃する銀座の象徴として描かれるなど、とりわけ特撮映画との関連が強い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 一目でわかるセイコーセイコー公式サイト

外部リンク[編集]